日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

フレーバーティーづくり 経過

日本茶の新たな飲み方として、近年提案されることが多くなりつつある『フレーバーティー

 

お茶に、乾燥させた果物やかんきつ類の皮、花びらなど(フレーバー)を入れて飲む、新しい日本茶の楽しみ方です!

 

と言っても、日本茶は繊細な飲み物…。

日本茶本来の味を生かしつつ、フレーバーを加えるのは難しくもあり、同時に面白くもあります(^^♪

 

私自身は、日本茶を飲むときには何も混ぜずに、入れずに飲んできました。(あまり紅茶は飲みませんが、紅茶もストレートで飲みます)

 

しかし、何事も試してみないと始まりませんね…(^^;)

フレーバーを作るところから、やってみようと思い、現在「フレーバーティー」づくりを実行中です。

 

 

乾燥の経過

今回のフレーバーティーづくりで使用した「フレーバー」は、かんきつの皮。

選択した理由などはこちらから(手作りフレーバーティーに挑戦

 

乾燥をしばらくの間進めていますが、その経過を今回は投稿したいと思います。

 

乾燥を始める前は、この状態↓

 

1週間ほど経過した現在がこちらです↓

ずいぶん乾燥して、小さくなりました!

 

ちなみに、下の写真の中央上側に写っている「花」は、ソラマメの花です。たくさん咲いたソラマメの花を、整理するために、摘んだ時の花となります。(摘花・摘蕾作業

 

摘んだ花をそのまま捨ててしまうのはもったいない!と思い、乾燥させてフレーバーとして試してみようかな…と思いました(^^)/

 

 

順調に乾燥が進んだかと思いましたが、水曜日の雨・金曜日の雨で、少し湿ってしまったような感じもあります。

 

今週は晴れの天気予報が続いているので、もう数日乾燥させてから飲んでみようと思います!