日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶って高い? それとも安い? お茶のコストパフォーマンスについて

お茶の小売店やスーパーなどで販売されているお茶。

多くの物が100g入りのパックになると思います。(100g以上や50g、80gなどもありますが…)

 

そんな100gのお茶が入ったパックですが、価格はピンキリですね(^^;)

安い物では「300円」ほどの物もありますし、高いものでは「2,000円」や、中には「3,000円」を超える物も…。

 

価格帯が様々な物が販売されていますが、その中で基準となるような価格が『1,000円』あたりになると思います。

 

1,000円以下であれば、比較的手を出しやすい価格ですが、品質はどうなのか?

と思うこともあるでしょう。

 

逆に1,000円を超えた物だと、こだわりがありそうな感じがしますが、手は出しにくいですね…(^^;)

 

私自身も(滅多にお茶を買うことはありませんが)1,000円以下の物であれば、思い切って試すことが多いですが、1,500円を超えるとほとんどの場合諦めてしまいます。

 

 

ある程度の品質が確保されていそうで、購入しやすそうな価格帯が『1,000円』

 

今回は、お茶の価格を1,000円/100gとして、一杯当たりの価格などを考察していきたいと思います。

 

 

一回5gで計算

お茶は1人当たり3gが基準になるとされています。

2人分であれば6g、3人分であれば9gと言った感じです。

 

しかし私は、お茶を一回淹れるに当たって、多くても5gほどの茶葉を使用しています。人数によって増やしたりなどはしていません。

 

茶葉の量を増やすと、苦味や渋味が出やすくなってしまいます(-_-)

淹れ方のコツをつかむのにも時間がかかるため、普段から一定の茶葉の量にしているのです。その方が、淹れた時の味の出方や特徴が分かるので、いつでも美味しく淹れることが出来ます!

 

ただし、大きめの急須を使う場合は量を増やし、小さな急須を使用する場合は少なくするなど、急須によって量は変えています。

 

 

そこで今回は、基本的な淹れ方であれば約2人分となる5gで、一回当たりの茶葉のコスト、一杯当たりのコストを計算していきます。

※水や沸かす光熱費は除きます。あくまでも、茶葉に的を絞った計算です。

 

 

まず100g入りのパックであれば、一回に5gを使用すれば20回お茶を淹れることが出来ます。

(100g÷5g=20回)

 

そこで1,000円を20で割ると、一回当たりの茶葉の価格が出ますね。

(1,000円÷20回=50円)

一回につき5gの茶葉を使用した場合、50円となります。

 

ただし、お茶の場合は一回だけ淹れて終わり…という飲み物ではありません。

普通煎茶であれば、3煎くらいは美味しく淹れることが出来ますし、品質が良いものであれば4煎・5煎まで淹れても大丈夫です(^^)/

※味の変化はありますが…

 

もし、3煎まで淹れた場合は、一杯当たりのコストは「16.6円

煎まで淹れれば、一杯当たり「10円」となりますね!

 

仮に1,500円のお茶であれば、

一回『75円

一杯『15円(5煎の場合)~25円(3煎の場合)』

という値段になります。

 

 

100g当たりで見た場合は「ちょっと価格が高いなぁ…」と感じたとしても、一回当たり・一杯当たりに換算すれば、それほど高くはないと思います。

淹れ方やお湯の量にもよりますが、返ってペットボトルのお茶の方が割高となるかもしれません(^^;)

 

 

お茶は一回で終わりません

コーヒーは一回抽出すれば終わってしまいますが、お茶の場合は数回淹れることが出来ます!

 

成分的には、一煎目(一回目に淹れた物)が一番美味しいとされていますが、2煎目・3煎目…も美味しいです。

数回淹れることで、味が変化していくのを楽しむことが出来ますし、コスパも良くなります。

 

また、個人の好みに合わせて味を変えることも出来るのです(^^)/

 

一煎目は、うま味が一番出やすいと思うので、しっかりとした味を楽しみたい方に…

3煎目ほどになると、さっぱりとした味になってきます。カフェインなども少なくなるので、ゴクゴク飲みたかったり、胃腸の弱い方、カフェインが気になる方にもおすすめです。

 

同じお茶・同じ急須なのに、淹れるタイミングを変えるだけで、好みの味や体調などに合わせたお茶を楽しめます!

 

これは、数回淹れることが出来る”お茶”ならではの特徴です。

 

食前は一煎目のしっかりとしたお茶を味わい、食後は口をさっぱりとさせるために、2煎目・3煎目のお茶を飲む…という楽しみ方もできますね(^^♪

 

 

まとめ

・お茶の一回/一杯当たりの価格は、それほど高くはない

・数回淹れることで、味の変化を楽しめるだけでなく、コストも安くなる