日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ニンニクの収穫

こんばんは!

今日は未明から強い雨が降りました…。

 

ザーザーと音を立てて降る雨。まるで台風が来た時のような…そんな強い降り方でした。

 

たっぷりと雨が降ったので、川の水は茶色く濁り水かさも増しましたが、近所では土砂崩れなどの災害の発生はなく一安心です(-_-)

 

しかし西日本から東日本へ、強い雨を降らせる雲が移動し、各地で大雨となっています。

お気を付けください!

 

 

昨日の夕方から雨が降り始めた静岡県島田市川根町ですが、今日のまとまった雨が降る前に、ニンニクの収穫を澄ましてしまいました!

 

今日は、ニンニクの収穫のポイントについて投稿したいと思います。

 

 

晴れの日に収穫

ニンニクの収穫は、なるべく天気が良い日に…。晴れた日に行うのがおススメです。

 

また、晴れた日でも雨が降った直後などは、土にたっぷりと水が含まれているので、雨上がり直後も避けた方が良いと思います。

 

ニンニクを保存するためには、よく乾燥させる必要があります。

そのため、乾燥が進む日である、晴れの日に行うのが良いのです(^^)/

 

また、植物の病気の大半は『カビ』を原因としています。

カビは、ジメジメとした所に生えたり、湿気の多い時期に生えてくることが多いものですね…。

 

そのため、長雨が降ったり、土が湿りすぎている状態では、病気に感染しやすくなってしまうのです(-_-;)

 

そして病気になるのは、生長中だけ、育てている時だけではありません!

収穫時に傷をつけてしまったり、環境が悪かったりすると、保存中に病気になって腐ることがあります。

 

保存性を高めるためにも、病気などを防ぐためにも、晴れた日に収穫をするのがおススメです!

 

 

土と葉っぱをつけた状態で乾燥

ニンニクの収穫方法ですが、特別な道具などは必要ありません。

 

根元付近を握り、ゆっくりと上へ引っ張ると…

根からすっぽりと抜けます(^^♪

 

育ててきたものを収穫する瞬間は、何度体験しても良いものです(^^)/

嬉しい気持ちと達成感があります。

 

収穫したニンニクは、これで全て

少し小ぶりな物もありましたが、十分な大きさと数を収穫することができました。

 

 

そして、収穫後にする重要な事が「乾燥

ニンニクを乾燥させることで、長期間にわたって保存ができる状態にするのです。

 

乾燥させる時のポイントが、

葉っぱを付けたままにしておくこと

土を付けたままにしておくこと

この2つです。

 

葉っぱを付けたままにすることで、効率よくしっかりと乾燥させることができます。土も同じで、乾燥を進めたり、ニンニクの表面を保護してくれる効果があるのです。

 

販売されているニンニクには、葉っぱが付いていません。また、土が付いていると「汚れている」と感じるかもしれません(>_<)

 

しかし、乾燥させてしまうまでは、このままの状態にしておきましょう!

しっかりと乾燥させることができたら、余分な葉っぱを切り落とし、土も軽く払って、ネットなどに入れて保存することができます。

 

 

軒先に吊るす

乾燥中は雨が当たらない所に、ニンニクを移動させなければいけません!

 

私がおススメするのは軒先。

ニンニクを数個ずつまとめて縛り、物置の軒先に吊るして乾燥させています。

軒先に吊るして乾燥させれば、雨に当たる心配はありません!

 

また、何かしらの動物にいたずらされることもありませんし、風もよく当たるようになるので乾燥も進みます。

 

 

しっかりと乾燥させることで、ニンニクを長期間楽しむことができます。

乾燥させること、天気予報を見て計画的に収穫をすることが大切です。