日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

二番茶の芽

いよいよ今日から6月がスタート!

お茶農家にとって6月は、二番茶の収穫シーズンとなります(^^)/

 

一番茶の収穫シーズンから40~50日ほど経過すると収穫を行える『二番茶

 

今回は、現在生長中の二番茶の芽の様子について投稿します。

 

 

芽吹きの季節

二番茶とは、一番茶の次に収穫をすることができるお茶のことです。

 

一番茶を収穫し、残した葉っぱや茎の付け根部分から新しい芽が伸びてきます。このお茶の芽を収穫し、製造したお茶が二番茶となるのです。

 

ちなみに『新茶』と言うことができるお茶は『一番茶』のみ!二番茶以降のお茶については、新茶とはならないのです。

 

二番茶の収穫時期は、一番茶の収穫から40~50日ほど経過した頃とされています。

もちろん、雨や気温などの気象状況にも左右されますが、基本的には一番茶の収穫時期が早い場所から収穫が始まります。

 

そんな二番茶の芽の様子がこちら↓

分かりにくいと思いますが、葉っぱの付け根部分から小さな芽がその姿を見せています!

 

 

二番茶は、一番茶よりも気温が高い時に生長することで、生長するスピードも速くなります。

まだ、小さくて分かりにくい二番茶の芽ですが、もう5日から1週間ほど経過すれば、はっきりと芽が分かる状態になるでしょう(^^♪

 

二番茶シーズンは、気温と湿度の影響により、害虫や病気が発生しやすくなります。

しっかりと、お茶の樹や茶畑の様子を観察し、対策を行っていくことが、安全で品質の良い二番茶を作るポイントとなります!