日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お菓子じゃないグミ 果実『グミの実』について

「グミの実」

グミという果実をご存知ですか…?

 

「グミ」と言うと、お菓子のグミを思い浮かべる方がほとんどだと思います。

しかし、お菓子ではないグミ。果実の「グミ」があるのです!

 

グミの実、グミという果実について今回は投稿します。

 

 

旬は梅雨時期

グミの実は、グミという木に生る果実です。

ちなみにお菓子のグミと同じ言葉となっていますが、両者には全く関係はありません!

 

春になると花が咲き、サクランボに近い大きさで、ラグビーボールのような形の実が生ります。

この写真は、最近撮影したもの…。

まだ、大半の実は緑色をしていますが、ほのかに色が付き始めている実もあります。

 

旬は梅雨時期。実が赤く染まった頃が収穫のタイミングです。

 

 

グミの実の思い出

グミの実は、昔から思い出があります。

旬は梅雨時期、二番茶の収穫シーズンと重なるので、二番茶の収穫時に摘んで食べた思い出があります。

 

その味は、ちょっぴり渋味がありと酸味が強く、でも癖になる味だったことは今でもよく覚えています。

 

同じ赤色(熟した色)に見える状態でも、酸味や渋味が強いものがあり、逆に甘さが強いものもあり、完璧に熟した物を見分けるのにはコツが要りました。

 

 

種で勝手に…

上の写真のグミの木は、動物(多分鳥か何か)がグミの実を食べて、種が運ばれ、自然に生えてきたものです。

 

また、育てているわけではなく、グミの木自身の力だけで実を付けます。

 

毎年のように必ず実を付けるので、とても強い木だと感じます。

 

 

味わうなら自分で育てるのが一番

グミの実を完全に熟させてしまうと、果肉がとても柔らかくなるので、運んだりするのには向きません。

 

そのため、スーパーなどで目にすることもないですし、一般的な果実でもないので知らない方も多いです。

 

ジャムなどの加工品は、極たまに目にすることがあるのですが、生の果実はまずありません!

そのため、グミの実を食べたい場合は、自分で育てるのが一番です。