日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ソラマメ栽培 病気に注意

昨年秋に種をまき、現在収穫を迎えているソラマメ。

 

順調に収穫をしていけるかな…

と思っていたのですが、ここへ来て少し問題が…(>_<)

 

実は、病気が発生!

少し目を離したすきに多発してしまいました。

葉っぱの表には、赤っぽい粒々が…。

 

裏側を見ると

このようになっています。

 

調べてみると、たぶん「さび病」ではないかと思いました。

(似た病気に「赤色斑点病」という病気もあります)

 

全ての株に発生しているわけではないのですが、発病した株とその周りの株の葉っぱや豆には、赤い粒々が多発!

かなり蔓延してしまいました。

 

植物の病気の原因は「カビ」「細菌」「ウイルス」の3つ。

「カビ」が大半の病気の原因となるので、雨が降ったり湿度が高い環境だと、どうしても病気が発生したり、多発しやすくなってしまいます。

 

今回のソラマメの病気の原因もカビ。

5月下旬にまとまった雨が降ったので、感染そして多発してしまったのだと思います(>_<)

 

 

しかし、病気のほとんどは、発見してすぐに農薬を散布すれば防ぐことができます!

ただ、発見から散布まで時間がかかったり、蔓延した状態では、意味なし…。

 

今回は、散布が遅くなってしまい、病気を蔓延させてしまいました(-_-;)

こうなってしまうと、病気にかかった株を取り除いたりするしかありません。

 

改めて、迅速な対応・対策が重要だと気付かされたソラマメの病気でした。