日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

久しぶりの晴れ間

こんばんは!

東海地方が梅雨入りして以降、雨の降らなかった日はない状態が続いていました。空を雲が覆う日も多く、しばらくの間、青空を見ることが出来ていなかったのですが、今日は久しぶりに天気が回復!

 

キレイな青空を見ることが出来ました(^^)/

 

 

濃い霧の発生

昨夜は激しい雨が降り、雷の影響で上河内地区やその周辺は一時的に停電しました。

停電は昨年10月の台風以来。あの時は3日間ほど停電したのですが、今回は3時間ほど…。短時間でしたが、やはり電気があると無いとでは、勝手が全然違いますね(^^;)

 

停電を引き起こした激しい雨は、未明には上がり、今朝はとても濃い霧が発生しました。

最近はほぼ毎日霧が発生しているのですが、茶畑全体や周りの山々が見えないほどの霧となります。

(写真を撮った時間は、少し霧が晴れてきた時間帯でした)

 

 

霧による山隠し

霧が発生している時と、晴れている時の違いがこちら↓

上の写真が、霧のある時間帯の風景。下の写真は、霧が晴れてきた時の写真です。少しアングルが違いますが、方向は大体同じです。

 

雨が降った後の”湿度の高い状態”に”寒暖差”が加わることで、濃い霧が発生してしまいます。

 

 

霧が出ることのメリット

昔からの有名なお茶の産地には『霧が発生しやすい』という特徴があります。

 

霧が発生すると、お日さまの光が遮られたり、光の強さが弱くなるので、うま味が保たれたままお茶の芽が生長していきます。

 

また、霧がお茶の芽に付着することで、みずみずしく柔らかい、繊細な芽に育つのです(^^)/

寒暖差なども相まって、香りの良いお茶にもなります。

 

自然環境だけは、人間の手ではコントロールできないので、自然や土地柄などの環境に感謝しつつお茶を育てています!

 

 

遅れ芽の除去を続けています

最近の作業は、遅れ芽を取り除くことがメインです。

また、遅れ芽とともに草取りも行っています!

品質の良い二番茶を収穫するために…