日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

秋に逆戻り…? 霧と茶畑

12月も残り3週間程度となり『年末や年始へ向けての準備も少しずつ始めよう…』と思いつつあるこの頃です。

 

季節的には気温はグングン下がり、冬本番へ向かう時期となりますが、ここ数日間は季節が秋へ逆戻りしたような気温や天候となっています。

 

特に日中に日向にいると、ポカポカととても暖かく感じます。12月なのか…?と思わず感じてしまうほどの暖かさです。

 

朝晩の冷え込みも少し和らいでいるため、霜も3日ほど降りていません。

気温が暖かいので、霜ではなく露が降り、さらに霧が発生することも…!

一昨日夜から昨日にかけて雨が降りました。

その影響もあってか、湿度は少し高い状態…。そのため、濃い霧が発生しました。

 

今日の霧はなかなか晴れず、お昼直前までジメジメしたような感じに…。

木々の間から差し込む日差し、霧と茶畑の風景は見飽きることのない美しさです(^^)/

しかし、洗濯物が乾きにくくなるのはマイナスポイントですね…(^^;)

 

ここまで濃い霧が発生するのは、今の時期にはあまりありません。

夏の終わりごろから秋にかけてと春から初夏にかけては、濃い霧が発生することも多いですが、今にここまでの霧が発生するのは少し珍しいことです。

 

気温が秋や春ごろと似ているのでしょう!

雨の降り方も、夏の夕立のような激しいものでした。

 

 

冬は冬らしく

気温が下がった後に気温が上がると、植物は「春が来た!」と勘違いすることがあります。

桜の狂い咲きのような感じですね。

 

お茶の樹も、すでに休眠のスイッチが入っている状態です。

春になり気温が上がることで、休眠のスイッチが切れるため、最近そして今後の季節外れの暖かさで勘違いしないか心配になります(>_<)

 

やはり、冬は適度な寒さが欲しいものです!

 

1日の寒暖差だけでなく、日ごとの寒暖差も大きくなっています。体調にはお気をつけてお過ごしください!