日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お日さまの恵み!

こんばんは。

今日は昨日の冷たい雨から一転、スカッとしたキレイな青空が広がりました(^^)/

 

今週になって2度目の快晴!

今後も晴れる予報の日が多くなってきているため、良い天気が続くと良いなと思います。

 

朝は昨日の雨と寒暖差の影響により、いつも以上に濃い霧が発生…。20~30m先も見えないほどの、濃い霧でした。

 

霧は9時頃まで発生。その後少しずつお日さまの光が射すようになり、ちょっとずつ晴れていく…そんな朝を今日も迎えました。

霧に包まれている間は、周囲の見通しは悪いですし、風もなく本当に静かな環境です。

そのため、どこか異世界にいるような…そんな不思議な気分になります。

 

しかし、霧が晴れていくと、雰囲気も一気に変わります。

静止状態だった世界が動き出すような…そんな感覚を味わいます(^^)/

 

 

栄養分を貯めやすい時期に…

お茶の樹にとって、現在の気温は呼吸量が少なくなり栄養分を貯めやすくなる時期になります。

 

また、光合成も活発に行える時間帯が多いです。

※夏場の日中などは暑すぎて光合成の速度が落ち、呼吸の速度が速くなります。

 

ただし、気温が少し低いため新しく芽を伸ばすことはしません。

作った栄養分は葉っぱや根っこ・枝に貯め、翌年の春に芽を伸ばす際に使用するのです!

 

また、夏から作り・吸収し貯めてきた栄養分が多いと、冬の寒さにも強くなります。

お茶の樹の中の水分に、栄養分が混ざっていることで、凍りにくくなるのです(^^♪

 

水は0℃で凍りますが、塩水は0℃では凍らない…その原理と同じですね!

 

そのため、あまり目立った生長はしませんが、これまでそして現在の生長が、今後にとってとても大切です。

 

たっぷりのお日さまの光を浴びて、今日もたくさん光合成が出来たことでしょう…。