日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ポップコーン栽培 入梅時の生長状況

初夏に種をまき、現在栽培を行っているポップコーン。

気温が上がると共に、背丈はどんどん高くなり、葉っぱの枚数も増えてきました!

 

今回は、ポップコーンの現在の生長状況と追肥の実施について投稿します。

 

 

急激に生長

ポップコーンを含めたトウモロコシ類(スイートコーンなども)は、気温が高くなるとグングン生長していきます。

 

土から芽を出し、しばらくしてから撮影した写真がこちら↓

ちなみに撮影したのは、5月の20日です。

 

この時はひざ下程度の高さ。葉っぱの枚数も5,6枚程度の状況です。

 

 

しかし、それから約3週間…。現在の様子がこちら↓

短い期間に一気に大きくなりました(^^)/

 

背丈は大人の腰のあたり、1mにはまだ満たない程度の大きさです。

 

5月下旬は気温の高い日が続いていたため、暑くても順調に生長するトウモロコシ(ポップコーン)には、この気温が適していたのでしょう。

 

梅雨入りしてからは、天気も悪く、気温も低い日が続いたため、最近はそれほど大きな変化はありません。

 

 

窒素肥料を追肥

日照時間が短くなると、ヒョロヒョロな姿になってしまう事があります。また、光合成だけでは生長に必要な養分が作れないため、株元に窒素メインの有機肥料をまきました(^^♪

 

今回まいた肥料は魚粕や油粕などがブレンドされた物ですが、早く効き使いやすい化学肥料でも良いと思います!

 

特に実が生ってからは、窒素肥料である「尿素」をまいてあげると、大きな実になると聞いたことがあります。これは、実際に行ってみて、検証してみようと思います!

 

 

風に注意

トウモロコシ類は、とても背丈が高くなる野菜です。また、葉っぱも大きいため、風の影響を受けやすいでしょう…。

 

明日は全国的に大荒れになる天気予報ですし、今後も雨風強い天気になることがあるかもしれません。

 

強い風が吹くと、トウモロコシが倒れてしまう事があるかもしれません!

 

しかし、トウモロコシは強い野菜です(^^;)

倒れてしまっても、すぐに元に戻し、場合によっては支柱で支えるなどすれば、回復してくれます。

(茎が折れている場合を除いて…)

 

もし強い風が吹き、トウモロコシが倒れてしまったとしても、多くの場合は問題ありません!

 

 

※傾いたときなどは、真っ直ぐにして、根元をしっかりと押さえてあげると、元に戻ることが多いです。