日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

雷雨に注意しながら…

こんばんは!

今日は関東甲信越地方で梅雨明けし、昨日は静岡県を含む東海地方も梅雨明けしました!!

 

平年よりも1週間ほど梅雨時期が長かったようですが、これでようやく夏らしい空を見上げることが出来ます(^^♪

 

今年の梅雨は、曇りや雨の日ばかりで晴れの日がほとんどありませんでした…。日照不足に悩まされた農家さんにとっては、ようやくお日さまの光を存分に得られるようになります!

 

ただし、あまりにも高温になったり、今後雨が降らなかったりするのも問題なので、天気の状況や予報は常に気になりますが…(^^;)

 

ともあれ梅雨明けは梅雨明け…。

植物たちはたっぷりと夏の日差しを浴びて、栄養分を作り出します!

 

今後旬を迎える果物や野菜などは、お日さまの光をたっぷりと浴びることで、甘く美味しい物に育ちます。お日さまの光は、植物が生長するだけでなく、美味しい農産物を作るためには欠かせないのです!

 

これはお茶も例外ではありません!

二番茶の収穫後に伸びる芽のことを『三番茶芽』と言います。

※その年の一番初めに伸びるお茶の芽を一番茶芽(新茶に当たるものです)と言い、以後「二番茶芽」「三番茶芽」…と続きます。

 

この「三番茶芽」が土の栄養分をしっかりと吸収して育ち、お日さまの光を浴びて自分自身でも栄養を作り出し、葉っぱや枝、根っこなどに栄養分を蓄えることで、翌年の一番茶(新茶)の品質が良い物となるのです。

 

今後のお茶の栽培で重要となるのが

三番茶芽を守り、充実した芽に育てること

 

少し気の早い話に感じるかもしれませんが、これからの栽培管理が、来年(約9か月後)に収穫するお茶の品質に大きく影響してしまうのです。

 

 

雷は怖い…

今日は全国的に雷雨が発生しやすい…とお昼の情報番組で放送していました。

 

まさにその予報の通り…

各地で雷雲が発生。静岡県も例外ではありません。

 

お昼を過ぎると厚い雲が広がり始め、ゴロゴロ雷の音が…(>_<)

今にも降りそうな空模様だったのですが、雷の音だけがする状況が約4時間ほど続きました!

 

そして、午後5時半頃からはついに雨粒が…!

カメラのフラッシュの様な稲光が、10~15秒に1回は発生する雷雨となりました。

 

梅雨は空けましたが、これらかは急な雷雨が怖い季節ですね。

茶畑は周りに高い物がないため、また隠れるような所もほとんどないため、雷雲がやって来るととても怖いです。

 

怪しいと感じた時にはすぐに家に帰ったり、急な時は車の中へ…。

天気予報を必ずチェックしたり、空模様や雲の様子をしっかりと見ながら、安全第一でお茶の樹の手入れを行っています。

 

これからは夏休みシーズン本番!

山にレジャーで出掛ける際には十分にご注意ください。