日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

猛暑日続き セミと茶畑

こんばんは!

いよいよお盆休みが近くなってきましたが、台風9号・10号が接近中…。特に台風10号は、進路が定まっていないので、どのように影響が出るのか心配なところです。

 

しかし、梅雨明け以降まとまった雨が降っていません。

ここ10日間は夕立もなく、雨が降っていない状態…。さらに高い気温と強い日差しにより、土の水分は着々と減少中です。

 

植物もたっぷりと水を吸収するため、植物の吸収+気温・日差しによる蒸発で水不足が心配になります。

 

そのため、そろそろ雨が降って欲しい所です(>_<)

 

 

セミと茶畑

梅雨明け以降盛んに鳴き始めたセミたち…。

朝晩はヒグラシがうるさいほど鳴き、日中も絶えず何かしらのセミが鳴いています。

 

セミの声を聞くと、いかにも”夏”と言った感じがします。

イカや風鈴、扇風機などがあれば、さらに夏感がアップしますね…(^^;)

 

そんな、夏の風物詩セミですが、実はお茶の樹の上で休んでいたりすることがあります。

黄緑色の新芽の上にちょこんと乗っていたり…

 

大きく伸びたお茶の芽にくっついていたりします!

 

茶畑の中を歩いていると、体にぶつかるように飛んできたり、目の前を横切ることが度々あるので、不意を突かれるとちょっとビックリします。

 

 

セミと言うと、樹の幹にいるイメージが強いので、茶畑の葉っぱの中にいるのを見た時は少し驚きました…。

 

もしかしたら、茶畑の中も居心地が良いのでしょうか…?