日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

降水量が少ない

こんばんは。

今日は午前中から雲が主役の1日となりました。

 

最近は、強い日差しが照り付けた日が続いていたため、ずいぶんと過ごしやすかったです(^^♪

 

ただし、天候は少し不安定に…。

一時的に小雨が降ることもあり、天気は下り坂です。

 

最近はまとまった雨が降っていなかったため、そろそろ雨が欲しい所です(>_<)

 

 

実は降水量は少ない

7月末までの長い梅雨は、日照不足や低温の影響をもたらしましたが、実は降水量はそれほど多くはなりませんでした。

 

8月以降も雨が降る日自体が少なかったり、まとまった雨ではありません。

平年と比べると、降水量自体は少ない状況になっていると思います!

 

お茶の生長にとって雨(水)は非常に重要です。

特に活発に生長する3月頃から10月頃までの間に、1400mm程度の雨が必要とされています。

 

ただし、元気に育つためには、もう少し多い量の水が必要です。

 

今年は、平年よりも少なめの降水量…。

お茶の生長に悪影響は出ていませんが、多少のストレスは受けているでしょう。

 

お茶の樹がストレスを受けると、病気や害虫に弱くなってしまう事もあるため、適度に雨は降って欲しいものです!

 

近年は、大雨による災害や影響がたくさん発生している一方で、雨が降らない時もある…。

降る時にドカッと降るような感じがします。

 

人の生活にとっても、植物や農産物の生長にとっても、雨は適度に降って欲しいですね(^^;)

 

 

今夜から明日にかけて、静岡県でも雨が降る予報となっています。

災害レベルの大雨は降って欲しくはありませんが、適度に雨が降って欲しいと願うこの頃です。