日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

適度な雨で順調な生長

こんばんは!

今日も川根町上河内地区は、お昼頃まで断続的な雨に…。

 

午後も雲が空を覆い、快晴の空を見ることが出来ていません。

また昨日は汗ばむほどの陽気となりましたが、今日は暖房が恋しくなる肌寒さを感じる気温でした。

 

雪やみぞれとなった地域もあるようなので、かなり冷え込んだのかな…と思います。

 

もし静岡県内の大部分でも雪となれば、お茶の生育にも影響が出ていたでしょう…。

仮に、積もってしまうと最悪ですね(>_<)

 

また春は天気が崩れる日が多い一方で、晴れの日が似合う季節でもあると思っています。

雨が降らないのは困りますが、青空が見えなくなるとちょっぴり恋しくなりますね(^^;)

 

昨年は雨が少なく…

実は昨年は、お茶の芽が萌芽・生長していく時期に降る雨の量がとても少なかったです。

 

お茶が生長する時期に雨が少なくなると、生育にも多少影響していきます。

特に昨年は、雨が少ないことが影響し記録的な大減収となりました!

 

昨年の静岡県の茶業界を表す言葉として『二割減の二割安』という言葉がありました。

 

収量が平年と比べて2割ほど減少…。

さらに価格も平年よりも2割ほど安い…。

 

本来であれば生産量が少なくなると価格が上がるのですが、昨年は価格も低下してしまいましたね(^^;)

 

近年お茶の取引価格が低下しているため、その流れが変わらずあったことによるものだと思います。

 

今年は雨が多め

昨年・平年と比べて今年は雨が多めで推移しています。

 

雨が降る日も多いですし、一度に降る雨の量も多いような感じがしますね(^^;)

 

そのため、お茶の樹が水不足になることはないでしょう!

適度に雨が降ってくれているため、お茶の樹は順調に生長することが出来ています(^^)/

 

このまま順調に生長することが出来れば、収穫量も増えそうな感じがしますね。

 

風味豊かなお茶の生産・提供を!!

今年は平年と比べて暖かな気温で推移しているため、お茶の生育も早めです!

 

ただ、雨は適度に降ってくれていますし、芽もふっくらと膨らんでいるため、かなり充実した新芽が生長していると言えます(^^♪

 

川根町上河内地区では『香り豊かな風味の良いお茶づくり』を目標としているのですが、今年もなかなか良いお茶が作れるのでは…と思います!

 

新茶シーズンはもう間もなく…。

香り豊かな風味の良いお茶を作り提供することで、

「一息付けるリラックスできるひと時」

を過ごせるようなお茶を今年も生産していきたいと思います(^^)/

 

収穫まではあと1か月ほど。

しっかりとお茶の生育を見守り、手入れを行い、お茶を生産していきたいと思います。