日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

やはり早い!! 早生品種「おおいわせ」の生育状況

天気は下り坂に…。

今朝は一時的に日が射していた時間帯もありましたが、どんどん雲が厚くなっている気配がします。

 

今日の午後くらいから雨が降る予報となっているため、青空が見られるのはもう少し先の事になりそうですね。

すでに桜はだいぶ散ってしまいましたが、今回の雨によりより落花が進みそうです。

 

 

おはようございます。

今日の川根町上河内地区は雨の気配が徐々に強くなっている状態です。

 

雨が降ることで桜の落花がより進みそうですが、適度に雨が降ってくれているため茶農家的にはとても嬉しく感じます。

 

と言うのも、この時期の雨はお茶の木の生育にとって非常に重要です。

 

もし雨が降らないと芽が伸びにくくなったり、ダニなどの小さな虫が発生しやすくなります。

水をまく設備があれば水やりすることが可能ですが、設備はないですし仮にあったとしてもまく水を確保する事が出来ないため、水は完全に雨任せの状態です(^^;)

 

毎年継続している土づくりによって、多少雨が降らない日が続いたとしてもすぐに影響が出る事はないのですが、やはり適度に雨が降って欲しいのです!

 

 

生育の早い早生品種

静岡県内の一部の畑ではすでに一番茶(新茶)の収穫が始まっているようですが、上河内地区の茶畑では萌芽が進んでいる状態です。

まだまだ収穫までには時間が必要になりますね。

 

その一方で生育の早い早生品種の畑では、一足早く茶畑が黄緑色へと変化しています(^^)/

すでに一枚目の葉っぱが開き、二枚目の葉っぱも開こうとしている状態ですね。

 

早生品種はやぶきたよりも萌芽する時期や収穫時期が早いため、他の畑より一段階早く生育が進みます。

 

生育が早く進む分、霜や寒さの影響を受けやすい一面もあるのですが、今年は暖かな日が続いていたため冷え込みなどの影響もなく順調に生長しています(^^♪

遠目で見ると早生品種の畑だけ色が変化して見えますね!

僅かな違いですが、写真中央部分の畑だけ僅かに黄緑色になっている事から生育が早いことを実感します。

 

ちなみに周辺にあるのは「やぶきた」の畑です。

そのため、早生品種の生育が早いことが分かると思います。

 

 

今後は全ての畑で萌芽が終わり、徐々に黄緑色の茶畑へと変化していく事になります(^^♪

 

その変化や生長が非常に楽しみなこの頃です。