日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

この時期らしい寒さになって欲しい

今日は二十四節気の1つ「小雪:しょうせつ」

各地から雪が降り、積もるようになる、冬が本格化する頃…とされています。

 

川根地域では雪ではありませんでしたが、今日は冷たい雨が朝から降り続けました。日中でも暖房がないと体の芯から冷えてくるような感じで、気温以上に寒く感じた一日でした。

 

外での作業は出来なかったので、今日は室内で今後の農業経営などについて勉強!

研修会などに参加し、資格を得ることも視野に入れつつ、より良く農業を行えるようにしていきたいと思います。

 

冬の間は、農作業が少なくなる農閑期です。

体を休めつつ、色々と学びを深め、良いお茶が作れるように頑張りたいと思います。

 

 

気温が高い…

しかし、今年は平年よりも暖かい日が多いです。

朝晩は平年並みに冷え込んでも、日中は20℃近くなることも多いですね…(-_-;)

 

暖かいと過ごしやすくはあるのですが、お茶の樹の生長にとってはどうでしょうか…?

 

秋から冬にかけては、光合成をし栄養分を蓄えやすくなる時期になります。

逆に真冬になると、気温が低いことにより少し光合成のスピードが落ちてしまう事も…。

 

また根っこから土の栄養分を吸収するのも、ある程度の気温が必要です。

 

そのため平年よりも高い気温は、お茶の樹が盛んに栄養分を作り出したり、吸収するのを手助けする一因となります。

翌年の春に伸びる芽(新芽)も、より充実してくれることでしょう(^^)/

 

ここまではメリットと言える事だと思います。

 

 

逆にデメリットもあります。

気温が高いと芽が充実しすぎてしまい、大きくなり過ぎてしまう事があります。

 

大きくなり過ぎた芽は、冬の寒さや霜などに弱くなってしまうため、場合によっては芽が死んでしまう事があるのです。

 

お茶の樹は一か所につき3つの芽を準備している植物です。

1つの芽が何らかの原因で死んでしまったとしても、新しく伸ばせるように2つも準備しています!

 

そのため、壊滅的な影響とはなりませんが、一番充実した芽を失う事になってしまうため、ショックは大きいです。

 

 

今年は、平年よりも気温が高い日が多いです。

そのため、充実した芽に育っているため、翌年の新茶シーズンには良い芽が伸びてきてくれるでしょう(^^)/

 

しかし、今後も高い気温が続けば、芽が冬の寒さに弱くなってしまうリスクが高まります。

そろそろ、平年並みの寒さ。冬らしい寒さになって欲しいものです。