日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

風味良いお茶が育っています!

こんばんは。

今日より川根町上河内地区でも、一番茶(新茶)の収穫・製造が始まりました(^^)/

 

今年は寒暖差が平年よりも大きく、4月は比較的寒い日が多かったので、芽の生長スピードはゆっくりな状況です。

 

しかし、生長がゆっくりであることはデメリットばかりではありません。

栄養分が浪費されないため、お茶の品質的には良い影響をもたらしてくれるかもしれません…。

 

今回、初収穫を終えてみて…

お茶の品質的にはかなり良い状態だ

と思いました!!

摘み取ったお茶からは清々しい香りがしっかりと感じられますし、蒸した茶葉はほのかに「粘り気」がありました!

 

「粘り気」があるのは栄養分がしっかりと詰まっている証拠となります(^^)/

 

逆に繊維質が多く栄養分が少ないと、粘り気がなくパサついた印象を受けますね。

 

「粘り気」があり、香りもしっかりとしている茶葉…。

今年のお茶は品質的には良いでしょう!!

 

新茶シーズンはまだ始まったばかりです。

最終日まで良いお茶を作っていけるように頑張っていきます(^^♪