日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

夏の茶畑の光景②

今日も相変わらず猛烈な暑さとなっています。

日中に屋外に出るだけで汗をかくほど…。家の中にいても汗をかくので、こまめな水分補給を心がけるようにしています。

 

そして「今日は来るか…?」と思っていた夕立ですが、今のところ雨の降る気配はありません。

 

道端の草はすでに萎れている状態ですし、庭木の一部は葉が茶色くなり始めています…。

芝も葉っぱが枯れてしまい茶色い状態になりつつありますね…。

 

本来であれば水やりを行いますが、ここまで雨が降らないと簡易水道で供給している生活用水にも影響が出る可能性があります。

水不足になると何も出来なくなってしまうため、なるべく節水するように注意する必要もありますね…。

 

すでに2週間ほどまとまった雨が降っていないため、そろそろ土が十分に湿るほどの雨が降って欲しい所です。

 

 

夏の茶畑②

夏の茶畑の写真パート2…。

8月も中旬になると、ほぼ全ての茶畑が黄緑色になります!

一部色が薄い部分もありますが、ここは一番茶の収穫後に中切り・深刈りを行い更新をした畑です。

 

他の畑より少し生育が遅くなるため、色が僅かに薄く見えるようになりますね(^^♪

 

8月も末頃になると全体的にそろった色合いになりますが、中切り・深刈りをした畑では病気が発生しやすい傾向があるので注意が必要です。

そして現在の三番茶芽は、芽が全て開いた状態です。

専門的には『出開き:でびらき』などと言いますね!

 

この状態になると、上に伸びる生育は一旦ストップします。

その一方で今まで開いた葉っぱをさらに大きくして、薄く柔らかい葉から肉厚で濃い緑色の葉へと成熟させていく事になるのです。

 

今はちょうど切り替わるタイミングと言えるでしょう!

 

ちなみに三番茶芽が充実すると、次の芽である『四番茶芽』が伸びることになります。

最近は空気が澄んでいる事が多いです。

そのため遠くまで景色がハッキリと見えますね(^^♪

 

東海自然歩道沿いからでも「八高山」の姿をハッキリと見ることが出来ます!

 

 

日差しが強いのは少し大変ですが、暑さや紫外線の対策をしっかりと行った上でお茶の樹の手入れを行って行きます(^^)/