日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

草刈りビフォー・アフター

おはようございます。

今朝は非常に涼しい気温。正直少し肌寒さを感じるほどです。

 

霧雨のような細かい雨が降り、風も僅かに吹いているためより涼しく感じるのかもしれません。

 

「エアコンなしじゃ夏を過ごせない…」

そんな風に毎年思うのですが今年もエアコンを導入することなく夏が終わろうとしています…。

 

しかし、そろそろ覚悟を決めてエアコンを導入するべきなのかもしれませんね(^^;)

 

 

草刈りビフォー・アフター

最近は茶草場の草刈りを行っています。

草地として維持していくためには草刈り作業を行うのが必須です。

 

刈った草は敷き草として利用できるメリットもありますし、結果として茶草場に生息する植物や昆虫を守ることにも繋がる作業になります(^^)/

 

草刈りを行う時期は人や地域によって多少の違いはありますが、秋から冬にかけて行う事が多いですね。

上河内地区ではススキの穂が出てくる時期に合わせて行う事が多いです。

 

草刈り前は春から伸びたススキなどの草が斜面を覆っています。

かなりモサモサとした感じに見えますね。

ススキの穂も出てきているため秋らしさも感じる光景になります。

 

そして作業後の様子がこちら…。

草の向こう側の茶畑がしっかりと見える状態になりました。

 

草刈りを進めていると、バッタを中心に多くの昆虫の姿を見ますね…。

ウジャウジャ出てくる事もあるので少し怖さも感じるほどです。

 

刈った草はこのままの状態で乾燥させていきますが、昆虫の隠れ家にもなってくれるためコオロギなどの姿をよく見るようになります(^^)/

 

枯草の匂いとコオロギなどの秋を告げる虫の声…。

秋らしさを感じるこの時期ならではの光景です。