日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

茶畑が広がる景色は冬らしさを感じるように…

おはようございます。

 

昨日は今シーズンで一番の冷え込みとなりました。

ただあくまでも体感的なものです(^^;)

 

気温的には先日までの寒さと同程度でしたが朝方から空は快晴。

底冷えするような寒さで湿度も低い状態だったので、体感的により寒く感じたのだと思います。

 

霜も局所的に降りていたため、景色からも寒さを感じるようになっていますね…。

 

茶畑が広がる景色も12月になって一気に冬らしさを感じるようになりました!

 

 

景色は冬に…

霜が降りて一面が真っ白くなる景色は冬の早朝の茶畑の見どころの1つでもあると思います。

 

今年はまだ一面が白くなるような霜は降りていないのですが、日中の景色も冬らしさを感じるようになってきていますね。

落葉樹の葉っぱはほとんど落ちてしまい冬の姿に…。

 

ススキなどの草も枯れた状態となっているため、茶畑と針葉樹のみが鮮やかな緑色を放っています(^^)/

 

ただし、その緑色も濃くて落ち着いた色合いです。

初夏の頃に見られるような黄緑色がかった色とはまた違いますね!

 

冬の茶畑は何となく寂しい気持ちにもなりますが、農家にとっては体を休められる重要な季節になりますし、お茶もある程度寒さに当たり休眠しないと品質の良いものになりません!

 

これから本格的に始まっていく冬を楽しみつつ過ごしていきたいと思います(^^)/