日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

澄んだ青空の下防除作業を実施しています

おはようございます。

昨日も気温が低く寒さ厳しい1日となりました。

午前中の早い時間帯には噴口付近に小さなツララが出来ていたほどです(^^;)

時々風花が舞う事、作業中にツララが出来た事などからも、思っていた以上に寒さが厳しかったのでしょうね。

 

そんな防除作業も今日で終えることが出来そうです。

赤焼病の症状もごく一部の畑で見られ始めたため、今回の防除によってこれ以上感染が広まらない事を願いつつ作業を進めています。

 

今回の防除は病気を治すというよりも感染が広まらないようにすることを重視したものです。

 

病気の症状が出始め、葉が変色してしまうと元通りには戻せません。

そのため、まずは病気にならないように適切にお茶の木や土の手入れを行い、病気が出始める前や出始めた直後に防除を行うことで病気の発生を抑えようとしています。

 

早めにきちんと対策をすることは結果として農薬の使用を最低限に抑える事も出来るため、季節の進み方や病気の特性、畑の状況などを考慮しながら作業を行う時期やその内容を決める事が重要だと思っています。

澄んだ青空の下、今日も頑張って作業を進めて行きたいと思います。