日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

来年の初収穫を目指して!

おはようございます。

いやー昨日は暑さが厳しい1日でしたι(´Д`υ)

 

手元の温度計では最高気温32℃を記録。

最近は30℃を超える日がほとんどなかったため、急に暑くなったことと日差しが強いことから暑さを気温以上に感じた1日となりました。

 

ちなみに昨年の今頃と比べると昨年の方が30℃越えした日が多いですね。

そのため、去年よりかは涼しいのかもしれません(^^;)

 

 

幼木の様子

植え付けから丸2年が経過。

三度目の初夏を迎えた幼木の様子がこちらです。

植え付け時は小さかったお茶の木ですが、2年が経過し少しずつ株が大きくなっています!

 

やはり植え付けから3年目となると根の張りが充実してくるためか、地上部の生育が一段と良く進む傾向があるように感じますね(^^)/

 

幼木は大人のお茶の木と比べると根の張りが少ないため、その年の気温や雨など天候の影響を受けやすい傾向があります。

少しでも生育に影響を及ぼす要因があると、極端に生長が悪くなることもあるのです。

 

しかし収穫したくなるような充実した芽が育ってくれているため嬉しくなりますね!

 

 

来年の初収穫を目指して

幼木は6月の下旬頃にかけてこのままの状態で生長させます。

6月下旬になると成木の畑と同じく伸びた枝葉を刈り落とす作業を行う予定です。

 

刈り落とすことの効果としては

・株の張りを広げる

・枝数の増加

・病害虫の防除

などがありますね。

 

そして重要となるのが枝葉を刈り落とした後の生育です!

時期としては7月中旬頃から8月末・9月にかけての生育になりますね。

 

この時期に充実した芽がしっかりと伸びてくれれば翌年春に収穫を行うことが出来ます(^^♪

 

しかし、暑さや少雨、病害虫の影響などを受けてしまうと生育が悪くなるでしょう。

 

良い芽が育たなければ初収穫は先送り…。

再来年の収穫を目指すことになります。

 

 

お茶の木は手をかければその分しっかりと応えてくれます!

特に幼木にはその傾向があるでしょう!

 

良い芽が育ってくれるようにしっかりと手入れをしていきたいと思います。