日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

天気の急変と向き合いながら進める収穫作業

おはようございます。

昨日は全国的に天気が急変。激しい雨が突然降ってきたり雷雨となったりしましたね。

 

お茶の栽培をしている場所は山の斜面になるため雷はもちろん怖いです(>_<)

停電となればお茶工場の機械も停止し、場合によっては製造中のお茶を廃棄する必要も出てきます。

 

また、この時期は雹が降らないかも心配になります。

雹の大きさや降り方の強さにもよりますが、お茶の芽や葉っぱが傷付き収穫出来ない状態となる事もあるため、黒い雲が広がって来た時はヒヤヒヤものです。

 

急変

昨日のブログを投稿した時点では曇り空。

雨が止むか止まないか…という状態で収穫が行えるかも分からない状態でしたが、その後みるみる天気は回復!

澄み切った青空が広がりました(^^♪

 

やはり晴れると心地いいですが、日差しが強すぎると収穫した生葉が劣化しやすくなるため少し曇っているくらいの方が有難かったりしますね。

 

ただ、昨日はお昼過ぎから天気が急変。

一気に暗く厚い雲が空を覆い、にわか雨が降り出しました。

 

ちょうど袋を並べ収穫を始めようとしたタイミングで雨が降りだす事になってしまいました(^^;)

 

そのため、昨日の収穫作業は午前中のみ。

芽の生育を待つ理由にもなるため、適度に雨が降ってくれると嬉しいですね。