日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

今年は大物が少なめ

おはようございます。

 

今日の川根町上河内地区は朝から澄んだ青空が広がっています。

 

昨日も一時的に雨がパラついただけで、雨の降る日や一度に降る量が少ないですね。

雨が降らない限りは外作業が行えるので、二番茶が終了してから毎日作業が行えています。昨年のような極端な長雨になってしまうと影響が大きいですが、梅雨時期なので雨が少ないのも何だか…。

 

雨が降れば完全に休みになるため、そろそろまとまった雨が降って欲しい所です。

 

もちろんお茶の木にとっても恵みの雨となってくれると思います(^^)/

 

 

小さめ

二番茶が伸びて来る頃から野イモのツルなどをこまめに取り除くようになります。

 

野イモ(自然薯)なので、上手く取り除けると小さいですがイモが付いてきます!

商品になるようなサイズになることはありませんが、それでも今年は小ぶりのものが多いです。

またムカゴから生えてきたのか…根っこだけの物もあります。

 

野イモはイモの部分や根っこも取り除かなければ再び伸びてきます。

地中に残したイモを狙ってイノシシがやって来る事もあるため、なるべくイモや根っこごと取り除くようにしているのです。

 

上手く取り除くことが出来れば伸びて来るツルの数は年々減少しますし、出来ているイモも小ぶりの物が多くなるでしょう。

 

完全になくすことは出来ないですが、その傾向があれば良いなと思っています。

 

ちなみに肥料まきは本日で終了予定。

続いて、最も重要となる浅刈り作業を始める事になると思います。