日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

夏の茶畑

おはようございます。

 

台風が過ぎ去った昨日。

朝の時点では雲が多めでしたがお昼過ぎからは澄んだ青空が広がり、とても心地よい1日となりました!

 

気温は35℃まで上がりましたが、湿度が低く風も常に吹いていたため体感的にはそれほど暑くありませんでしたね。

 

三番茶芽が風に煽られて茶畑が波打つように見えるのは、一番茶後期とこの時期ならではの光景になります(^^)/

※葉の表側は緑色なのに対して、裏側は色が薄めで白っぽく見えます。風で葉の裏側が見える事で波打つように見える事があるのです。

三番茶芽もほとんど全ての畑で最大まで大きくなりました。

 

そして今後は開いた葉が徐々に濃い緑色の成熟した葉へと変化する季節です。

色が変化するだけでなく、葉が少し肉厚になりツヤも出てくるため見た目の変化もそれなりにあります。

 

そして成熟した葉になると病気などに対してもより強い状態となりますし、今後のお茶の木の生育を支えてくれる葉層として完成します!

明日からはしばらく雨が続きそうな予報です。

 

どれほどの雨になるのか少し心配ではありますが、ある程度雨が降ってくれた方が良い葉に育ってくれるので今後の生育に期待したいと思います。