日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

秋の肥料まき開始

暑さ厳しい日が続く8月下旬。

ようやく夏らしい暑さと強い日射しの日が戻って来てくれました。ただ朝晩は気温が下がり過ごしやすくなるため秋の気配も感じますね。

 

今朝の最低気温は21℃と少し肌寒さを感じるほど。

日中は33℃まで上がりましたが、日が暮れてから朝までは秋がやって来たような感じがするこの頃です。

f:id:ochagurashi:20210829195308j:plain

ただ、週の中頃からは再び天気が崩れそうな予報が出ています。

雨が降ると作業が行えなくなるため、少し早いですが秋の肥料まきを始める事にしました!

 

秋の肥料まき

秋の肥料まきは、肥料をまく作業としては今年最後の作業になります。

 

作業を行うのは、生育している三番茶芽をより充実させる目的などがありますね。来年の春へ向け栄養分を蓄える季節なのでそれを支えるために行います。

 

また今年は二番茶の収穫後から今まで雨量が多い年でした。雨が多いと土の状態が変化しやすく、生育に必要な栄養分だけでなく微量要素なども不足する可能性が高まります。

それらを防止する目的もありますね!

 

今回使用する肥料は魚粕や菜種油粕などの有機質肥料をブレンドした配合肥料です。

f:id:ochagurashi:20210829200241j:plain
なので独特の匂いが漂ってきますね(^^;)

化成肥料のような速やかな効果は必要ない時期であること、土づくりにも役立ってくれることから有機質肥料を選択するようにしています。

 

少しでも良い葉になるように!!

そのような思いでお茶の木の手入れを進めています。