日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

春の肥料まき1回目を開始

季節外れの暖かさとなった日もありましたが、1月末は冬らしい寒さとなっています。

 

しかし明日からは2月が始まりますし、立春ももう間もなくです(^^)/

長期予報を見ると2月は平年よりも暖かく雨が多そうな予報にもなっています。

 

まあ2月なのである程度は寒いと思いますが、春らしさを感じる日も増えていきそうですね!

 

 

春の肥料まき

気温が上がり始めるとお茶の木も活動を始めたり、土の微生物の働きも活発になります。

大体ですが3月頃になると微生物の活動が本格的に始まりますし、お茶の木の生育も始まります!

 

今後は春から夏そして秋ごろにかけての生育を支え、土づくりにも貢献する春の肥料まきを行う予定です(^^♪

 

特に1回目の春の肥料まきでは有機質肥料を主体とした物を使用するため土づくりへの貢献が大きいですね。

1回目の作業では肥料(栄養分)を補給するというよりも、土づくりを行う目的で有機質肥料を施すようにしています!

 

ちなみに春の肥料まきでは、気温の上昇やお茶の木の生育状況を観ながら作業を行う日を決めていきます。

 

平年であれば2月になってから…。

立春を過ぎた頃から始める事が多いですね。

 

しかし2月は気温が高く雨も多い予報となっているため、今年に関しては少し早めに行ってみる事にしました(^^;)

 

※一昨日29日より始めています

早めに作業を始める事で、ゆとりを持って取り組めるメリットもありますね!

 

平年であれば5日ほどで作業を終えてしまうのですがやはり体に堪えます(^^;)

花粉がまう季節でもあるため、作業だけでなく花粉によるダメージもあるのです。

 

2月の7日頃に作業を終えるのを目標に、途中で休みも取りながら1週間ほどかけて作業を進めようと思っています。