日々お茶暮らし

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

冬の茶畑と初夏の茶畑

おはようございます。

昨日は午前中を中心に雪が降りましたが、融けたりお昼過ぎに少し雨に変わった事で積もることはありませんでした。

 

ただし気温は最高でも3℃。湿度が高かったのも良かったかもしれませんね。雪になるか雨になるかギリギリの温度ですし、気温や湿度が僅かに低ければ雪が積もっていたことでしょう。

 

今朝の冷え込みは厳しくなっていますが、路面の凍結も心配していたほどではありません。

もちろん油断は禁物ですが、太陽がしっかり当たるようになったら屋外の活動も始めたいと思います。

 

冬と初夏の茶畑

先日1月5日は二十四節気の1つ「小寒

これから1月下旬の「大寒」その後の「立春」まで一年で最も寒い季節が続きますね。

 

これからは冬本番、寒さの本番を迎える訳ですが、日照時間は少しずつ伸びていきます。

 

植物も休眠真っ只中ではありますが、春を迎えるための準備を整え始めていますね。お茶の木の手入れも2月になると本格的に始まります。

春の肥料まきや赤焼病という病気の予防、ペラペラした葉っぱの刈り落としなどです。

 

今はこのような景色も…

f:id:ochagurashi:20220107091728j:plain

約4か月後の今頃は一番茶シーズン真っ只中。黄緑色がとても美しい状態に変化します。

f:id:ochagurashi:20220107091835j:plain

2月からは重要な作業も始まるので、力を入れて行きたいと思います。