日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

運が良いと・・・!

テレビを見ると

2,3時間の特番が多くなってきましたね。

 

年越しが間近だということを

テレビの特番の多さからも

感じる今日この頃です。

 

大井川鐵道から見る富士山

富士山といえば日本一高い山。

 

新幹線や高速道路で近くを通ると

何度見てもその大きさに驚きます。

 

3776メートルという高さのため

条件が整えば遠くからでも

その姿を見ることができます。

 

わたしが住んでいる川根町でも

標高の高い山に登り

見晴らしが良い所に出れば

山頂の部分を見ることができます。

 

特に冬は空気が澄んでいる日が多く

雲も少ないため

遠くからでも見える条件が

整いやすくなるのです。

 

そこで、機会があれば是非

見て欲しい光景があります。

 

それは大井川鐵道(大鐵)の

車窓から見る富士山です!!

 

大鐵は金谷駅を起点とし

大井川を北上する路線です。

 

公共交通機関で来る方は

JR金谷駅で乗り換えると思います。

 

 

この金谷駅からも天気が良いと

富士山の姿を見ることができるのです!

 

昼の時間帯に乗る機会がなかったため

夜の大鐵、金谷駅の写真になってしまうのですが

白い柵の辺りから列車の方向を見ると

富士山が見えます。

 

列車と富士山を一緒に

撮影することができるのです。

 

金谷駅を発車すると

しばらくの間JRと並走します。

 

この時、住宅街より少し高い所を

走行するため、見晴らしが良いです。

 

時間にすれば2分もない、僅かな時間ですが

大鐵の車窓から富士山を見ることができます。

(JR線からも見えます)

 

金谷駅から乗る場合は

進行方向、”左側”

金谷駅に向かう場合は

進行方向、”右側”に見えます。

 

昨年度は通学で

大鐵を利用していたのですが

富士山の姿を見ると

「いいことがありそう!!」

といつも感じていました。

 

春や夏時期にも見れる日はあるものの

冬が一番見やすいと感じます。

 

また今の季節は山頂に雪が

積もっているため、とても目立ちます!

機会がありましたら、

注目してみてください。

 

冬の間は閑散期となる大鐵。

 

沿線沿いの見どころは、ほぼ無い

少し寂しい季節になりますが

SLにゆっくり乗りたい方

混雑が好きではない方には

おすすめの季節です。