日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

「ふきのとう」の季節がやってきました

ここ数日間は日中になると

14度ほどと暖かな日が

何日か続いています。

 

霜や氷も少し弱まってきました。

 

しかし風が強い!

毎年花粉が舞う頃になると

強い風がよく吹くように

なるのです。

 

また、この頃の暖かさにより

梅の花が少しずつ

咲き始めてきました。

 

二月も残り僅かになりましたが

春らしさが日に日に強くなっている

そのように感じています。

 

初物を頂きました

春を感じさせる食べ物の1つに

山菜があると思います。

 

山菜と言えば

”タラの芽”や”ワラビ”に”ゼンマイ”…

様々な種類がありますね!

 

そして昨日

今年初めての山菜を食べました。

それは「ふきのとう」

 

春を告げる代表的な山菜でしょう。

 

 

一週間ほど前まで寒かったため

まだまだ出てこないだろうな

と思っていたのですが

出歩いたときに見つけてビックリ!

 

たくさんのフキノトウ

その姿を見せていました。

 

これは早速、食べたい!

 

生えていたフキノトウ

いくつか収穫し

夕食時にてんぷらにして貰いました。

 

フキノトウ独特の香り、

そして苦味…。

 

とても美味しく頂きました!

 

苦手な時期もありましたが

今では春になると

必ず味わいたくなります。

 

今年も無事に味わえたことに

感謝あるのみです。

 

小さいほうが・・・

山菜は独特な苦味がありますね。

 

中でも

フキノトウは苦味が強いのかな

と私は思っています。

 

フキノトウは大きくなるにつれ

苦味が強くなっていきます。

 

一枚目の写真よりも

二枚目の写真のフキノトウの方が

苦味を弱く感じます。

 

そのため

フキノトウを食べる時は

小さいサイズの物を選ぶと

苦味が弱く、

食べやすいと思います。

 

これからの季節は

山菜だけでなく春野菜など

旬の食材が増えていきます。

 

旬の物は季節を感じるだけでなく

美味しさも抜群に良いでしょう。

 

春は特に、春にしか

味わえないものがあるため

食に関しても楽しんで

過ごしていきたいと思います。