日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ミネアサヒを栽培します

こんばんは!

今日は”暖かい”というよりも

”暑い”と感じるほど気温が上がりました。

 

雲も少なく快晴となり

気温が高いだけでなく、

日差しも強い一日でした。

 

急に暑くなったので熱中症

日焼けなどには注意しないとな

と感じました。

 

特にこれからは

お茶のシーズンに突入することで

屋外での作業がとても多くなります!

 

屋外で一日中作業することもあるため

これらには気を付けていきたいと思います。

 

とくに茶畑で気になるのが”日焼け”

お日さまの光を遮るものがなにもない、

そのような山の斜面で作業するため

とても日焼けしやすいのです。

 

自分でも気が付かないうちに日焼けしていて、

お風呂に入った時に”ヒリヒリ”

 

日焼けした後、

お風呂に入ると感じるあの痛みで

日焼けをしていたことに気が付く、

ということもありました…。

 

『ミネアサヒ』を栽培します

今ではたくさんの種類のお米が栽培、

そして販売されていますが

そのなかでも有名な品種と言えば

コシヒカリ」や「あきたこまち」などなど

本当にたくさんの品種があります。

 

数ある品種の中から

今回のバケツイネ選手権で

栽培することにした品種は

『ミネアサヒ』です。

 

コシヒカリ”や”あきたこまち”と比較すれば

どうしても知名度としては劣ると思います。

 

しかしこの品種は、

美味しいお米が収穫できるのだそうです。

また栽培している面積も少ないことから

生産量が少なく、希少性のあるお米だそう!

 

実際に栽培する品種を何にしようか、

調べている過程で初めて知りました(^^;)

 

また『ミネアサヒ』の特徴として

中山間部での栽培に適している、

という特徴があります。

この点がミネアサヒを栽培すると決めた

最も大きな決め手となりました。

 

私の住んでいる上河内地区は

まさに山の中!!

平地と比べると日が当たる時間が短いなど

山の中であるため、栽培する環境が

平地とは大きく異なります。

 

そのため中山間部に適している

という特徴も大きな魅力の1つでした。

 

 

種もみはこんな感じ…。

ここからバケツイネ選手権、

『ミネアサヒ』の栽培が始まります!