日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

一番茶後の肥料

おはようございます。

 

昨日、一昨日は

5月らしい気温と天気となりました。

澄んだ青空、動けば汗ばむ気温…。

暑すぎず活動しやすい日々が続きました。

 

一番茶も終わったのでお茶は”ひと段落”

と言いたいところですが、

二番茶に向けてすぐに管理作業が始まります。

 

一番茶の後に行う作業としては

肥料ふり、ナラシ、深刈り・中切りなどがあります。

忙しさとしては一番茶のピークにも負けません…。

 

昨日はその作業の1つ「肥料ふり」を行いました。

 

足りない養分を…

農作物を栽培するときには肥料が欠かせません。

特にお茶のような作物の場合、芽を収穫するため

芽を伸ばすのに必要な養分である『窒素』が

多く消費されてしまいます。

 

そのため収穫後は消費された養分を

補充してあげることが大切です!

そのため一番茶後に肥料をお茶の樹にあげます。

 

今回の肥料は有機が20%の

化学肥料主体の肥料ですが、

必要な養分を早く吸収できる出来るようにするため

化学肥料が主な肥料を使っています。

 

二番茶は一番茶の収穫後、

40~50日ほど過ぎると収穫が始まります。

芽が伸び始めるのはもっと早くからなので

その分、肥料の効果も早い方が良いのです。

 

肥料の後には

肥料をあげた場合はまず土と混ぜなければなりません!

肥料を振った後、すぐに機械を使用し

土と肥料を混ぜていきます。

 

そしてもう一つ必要なのが『水』

肥料の成分は水に溶けることで

お茶が吸収できる形に変化します。

そのため肥料の後には雨が降って欲しい(>_<)

 

今日は雨の予報で、

すでに降り始めそうな空模様。

今回は肥料後すぐに雨が降る形となりました。

これなら肥料の効果もしっかりと出そうです。

 

今日は所によっては大荒れの天気になる予報なので

大きな影響が出ずに済んでほしい所です。