日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

茶の樹の更新

おはようございます。

今日は朝から快晴!

夏らしい強い日差しとなっています。

 

今週前半は一日を通して雲が多く広がり

梅雨のような天気が続いていましたが

昨日からは一転!

キレイな青空が広がっています。

 

夜、雲が多いと蒸し暑く

気温もなかなか下がらないため

寝苦しい夜となることが多いのですが

雲が晴れてくれると、

日が暮れるとともにぐっと涼しくなります。

夜は晴れて欲しいものです(>_<)

 

雨も最近は降っていません。

週間天気予報を見ても傘マークはなく

土の乾燥が進みそうです。

土がカラカラに乾いてしまっては

お茶の樹にも山の木々にも野菜や果樹にもよくないため

そろそろ一雨欲しい所です。

 

4,5年に一度

4年に一度というと

オリンピックやワールドカップ

そんなスポーツの祭典を思い浮かべますが

お茶の管理作業にも4~5年ごとに

一度行うものがあります。

 

それは”中切り”といって、お茶の樹を深く刈り

樹の高さを低くするとともに

古い枝を新しい物に更新する作業です。

 

 

写真は去年撮影したものですが

このように茶色くなるまで刈ります。

 

毎年収穫作業を繰り返していくと

少しずつお茶の樹の高さが上がります。

高くなると作業がやりにくくなり

枝も細く弱弱しくなるため

4~5年ほどに一度、このように深くまで刈り

高さを低くするとともに

新しい枝に更新してあげるのです!

 

この作業を行うのは一番茶の収穫後

上河内地区では5月の中下旬ごろになります。

そのため作業自体はすでに終わっています。

 

刈り落としてしばらくの間は

写真のように茶色の状態なので

新しい芽が出てくるのか、ちょっと心配になりますが

お茶の樹は生命力が強いため

二か月ほど過ぎるとこんな感じに

黄緑色の新しい芽が

しっかりと出てきています(^^)/

 

葉が無くても

茶色く硬い、太い枝の途中から

ニョキっと新しい芽が出てくるのです。

 

そのため一枚目の写真のように

茶色くなるほど低く刈り落としても

再び再生してくれるのです。

 

この光景を見ると

毎回お茶の生命力の強さに驚かされます。