日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ブロッコリーの植え付け

こんばんは。

いよいよ9月も残り僅かに…。

 

しかし明日からは台風の影響で

日本全国的に大荒れの天気になりそうですね(>_<)

 

台風の強さ、進路から見て

何事もなく通り過ぎてはくれないだろう、

と感じるため

大きな影響や被害、大規模災害とならないように

祈るのみです…。

 

昨日の夕方から今日にかけては

久しぶりに青空が広がりました。

 

本当に久しぶりの青空で、

涼しげで澄んだ青空が広がった一日であり

まさに「体育大会日和」といえる天気でした。

 

今週は前期テストが終わったことで

一週間の秋休みになっています。

 

この休みを利用し、雨の降っていない時間帯は

茶園管理の1つ『ナラシ』作業を手伝っています。

この作業の様子は、次回に投稿したいと思います。

 

今回は雨の降る前に行った

ブロッコリーの苗の植え付けについて投稿します。

 

貴重な時間を利用し…

雨の降っている最中や降った直後は

土にたくさんの水が含まれています。

 

このような状態で土を耕したりすると

かえって土が硬く締まってしまうため

私の家の菜園の土は

なるべく触らないようにしています。

※土の種類によって違うと思いますが…

 

そこで野菜の種や苗の植え付けは

雨が上がってから半日以上

時間をおいてから行うようにしています。

 

ここ最近は雨の日続きであったため

貴重な晴れ間や雨上がりを利用し

台風で大雨となる前に

ブロッコリーの苗を植えたいと思いました。

 

 

種をまいたジフィーセブンからは

たくさんの白い根が見えています。

ちょっと植え付けの適期を過ぎているかな

とも思います。

 

ビニールやプラスチックなどで作られたポット苗では

ポットを外してから土に植え付けなければなりません。

が、ジフィーセブンはそのまま植え付けることが可能で

根を傷つけたり、痛めたりすることを少し防げます。

 

ゴミが出ない、という点も

私は気に入っています。

 

 

事前に肥料をまき、耕しておいた畑に

50~60㎝間隔で苗を植え付けました。

苗の間隔としては少し狭いと思いますが

畑が準備できなかったため

間隔を狭めて植え付けを行うことにしたのです。

 

果たして今後

どのように生長してくれるのか

また、生長時に問題が起きるのか

トラブルも含め、楽しみです。