日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

防霜ファンの点検をしました

お茶を栽培するのに必要な設備があります。

それは『防霜ファン』です。「防霜」という名前の通り「霜を防ぐ」機械なのですが、私たちの身近にある扇風機とほとんど同じです。

 

羽が回ることで風を起こし、首振りもします。扇風機と違うのは、その”威力”くらいです。

羽の後ろ側に長方形の箱が付いていると思います。

そこに『0.7』という数字が書いてあると思うのですが、この数字は『ワット数』を表しています。

 

普通の家庭用の扇風機は、強風設定でも「40W」ほどだと思いますが、防霜ファンの値は『kW』です。

 

 

つまりこの写真の防霜ファン(扇風機)は「0.7kW」つまり『700W』で、扇風機の17.5倍もの電力を消費します。

 

ちなみに0.7kWの防霜ファンは、小~中サイズです。大きい物では2kW近い物もあります。

 

 

防霜ファンの点検

防霜ファンを使用する目的は、お茶の新芽を霜から守るため!!

 

使用する季節は、新芽が伸びて来るこれから…。3月中旬ごろから4月にかけて使用します。(詳しい役割などは、また今後投稿したいと思います)

 

 

そのため、使用する前の今の時期に、ちゃんと動いているか確認をする必要があります。

 

使用するのは3月から4月にかけて、それ以外の時期は全く使用しないため、この期間に何らかの影響があり、上手く動かない場合があるのです(-_-;)

 

それを確認するために、行いました。

 

 

実際に防霜ファンを動かし、ファンが回っているか?首振りをしているか?などを確認していきました。

 

行った結果としては、ごく一部で首振りをしなかった物と、電気が流れていないのか回らないものがありましたが、ほとんどのファンは無事に動きました(^^;)

 

実際に稼働させる時期になって「動かない!」となると、霜の影響を受けてしまう可能性があるので、きちんと確認できて一安心です!

 

前日の雨の影響で、ヒンヤリとした空気の中での確認でした…。