日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

1cmから3cmへ お茶の芽の大きさ

おはようございます。

昨日は雲が多く広がる1日となりましたが、今日は晴天!

 

風も弱く、穏やかな朝となりました。

花粉もほとんど飛散してしまったのか、最近は花粉症の症状が出ません。

 

そこで、晴天の天候を活かして、久しぶりに外で布団を干すことにしました(^^♪

 

”外で布団を干す”これは、花粉のシーズン中は絶対にできない行為!

久しぶりに”お日さまの香り”がする布団で寝れると思うと、疲れも吹き飛びそうです(^^)/

 

 

2㎝生長

お茶の芽はこの頃の暖かさを受けて、順調に生長中です。

それでも収穫にはまだ早く、5月に入ってから一番茶(新茶)の収穫を始めることが、ほぼ決定事項となりました。

 

昨年は、4月下旬には始まっていたので少し遅く感じますが、実はこれが平年並み…。

一番茶(新茶)収穫への準備は、着々と進んでいます!

 

 

さて順調に生長中のお茶の芽ですが、その大きさは大体3cmほどとなりました。

あくまでも、大きく育っている畑での芽の大きさなので、全ての畑に当てはまるわけではありませんが…。

人の指と比べてもこの大きさ。

小さくて、力を加えると簡単に壊れてしまいそうなほど繊細です。

 

芽が伸びて来る前の大きさは、大きくても1cm弱、大半は5mmほどです。

この時期の芽と比べると、お茶の芽が生長したことが一目瞭然です(^^)/

 

 

繊細だからこそ…

現在の芽は、とても柔らかく、弱々しく、繊細です。

柔らかい芽であるからこそ、良いお茶を作ることができるのですが、注意点もあります。

 

それは「乱暴に扱わないこと」です。

優しく触れば全く問題ありませんが、強い力でお茶の樹の表面をなでたりすると、芽に小さな傷がついてしまう事があります(-_-;)

 

すると、芽が生長していく中で、傷ついた部分が茶色くなるなどして痕が残ることが…。

 

ほんの少しであれば、お茶の品質的には、ほとんど影響しません。

が、たくさんの芽に傷がついてしまうと、収穫の際に目立ちますし、何らかの影響があるかもしれません。

 

そのため、茶畑に入ったり、芽を観察するときは、ゆっくり動き優しく芽を触ることが大切になります(^^;)

 

 

一番茶(新茶)は、お茶農家にとってとても大切です!

1年間の集大成、今まで行ってきた努力やお茶の樹のパワーが詰まっています。

 

乱暴に扱うことなど絶対に出来ません(>_<)

 

収穫までは、あと10日から2週間ほどかかりそうです。

良いお茶を収穫し、香りの良い上河内茶を作れるように、しっかり見守っていきます!