日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

二番茶へ向けてお茶の樹をキレイに… ナラシ作業について

今週から取り組んでいる二番茶へ向けての作業『ナラシ

 

正式には「整枝(せいし)」と言われる作業なのですが、『ナラシ』と言う農家が多いです。

使用する機械も「刈ナラシ機」という名前ですし、お茶の樹をキレイに均すことから、おかのや農園でも『ナラシ』と言っています。

 

この『ナラシ』という作業は、お茶の樹の表面を刈りキレイに整える作業になります。

 

栽培方法により多少の違いがありますが、年で数回必ず行う作業である『ナラシ』

今回は、お茶を栽培するためには欠かせない『ナラシ』作業について投稿します。

 

 

一茶後のナラシ

上河内地区では、1年に2回お茶の収穫を行います。

ナラシ作業は、収穫後とお茶の芽の生長がストップする秋に1回行うため、1年間で計3回行っています。

※収穫回数の多い地域などでは、もっと多いと思います。

 

今回のナラシは、一番茶収穫後のナラシ。

ナラシを行う時期によって、作業方法やポイントに違いがあるのです。

 

 

上河内地区では、お茶を「みる芽」で収穫しています。

 

「みる芽」とは、若くて柔らかい芽のこと。

若い状態の芽を収穫するので、収穫後も葉っぱが大きくなったりして、お茶の樹の表面が乱れてしまいます。

また「遅れ芽」と言って、収穫時はとても小さかった芽が、収穫後に大きくなり、生長してくるものもあります。

 

そのため、二番茶の収穫へ向けて、お茶の樹の表面を整える必要があるのです。

 

 

目的① 品質向上

ナラシをする1つ目の目的。

それは、二番茶の収穫時に古い葉っぱが混入しないようにするためです!

 

一番茶の収穫後に何もしなかった場合、上の写真のようにお茶の樹の表面がデコボコな状態のままです。

 

これでは、お茶の芽を収穫するときに、古い葉っぱや芽が混入してしまう可能性が高まります。

(今はまだ柔らかい芽ですが、二番茶を収穫する頃になると、濃い緑色をした肉厚の葉っぱに変化しています)

 

そこで、表面をキレイに整え、古い葉っぱが混入しないようにするのです。

キレイな茶畑は、景観のためだけに行っているのではありません。

 

品質の良いお茶の芽を収穫するために、お茶の樹をキレイに手入れしているのです(^^)/

 

 

目的② 均一に芽を伸ばす

お茶の樹は、春になると一斉に芽を伸ばします。

その芽で作ったお茶が一番茶(新茶)となるのですが、二番茶は一番茶の収穫後に芽が膨らみ、芽吹き、生長してきた芽で作られます。

 

一番茶は気温が暖かくなることで、芽を伸ばすスイッチが入るのですが、二番茶の場合は芽を伸ばすための気温は十分。すでに、芽を伸ばすスイッチが入っている状態です(^^♪

 

 

そのため、一番茶を収穫したら、すぐに次の芽を伸ばそうとするのですが、ナラシをしないと芽の大きさがバラバラに…。また、芽が出てくる時期もバラバラです。

 

そこで、お茶の樹の表面を均一にすることで、芽の出てくる時期や芽の大きさを調節します(^^)/

 

お茶の樹の表面を刈ることで、芽の生長のスイッチは一旦リセット…。

そろった芽が伸びて来るので、品質の良いお茶の芽を収穫することができます!

 

 

二番茶は6月20日頃…

二番茶の収穫時期は、一番茶シーズンから40~50日経過したころに始まるとされています。

※地域の環境や気温などの気象で違いがありますが…。

 

そのため、上河内地区での二番茶の収穫は、6月20日頃…。約1か月後くらいに始まると思われます。

 

約1か月後の収穫へ向けて、明日以降もお茶の樹の、茶畑の手入れをしっかりと行っていきます!