日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

幼木園の生長状況 9月編

こんばんは!

今日も蒸し暑く、残暑厳しい一日となりました…(^^;)

 

昨日と比べると気温は同じくらいでしたが、風が弱くジメジメとした空気だったため、余計に暑く感じました。

 

まだまだ、暑い日が続きそうですね。

暑さによる疲れが、だんだんと溜まっていきそうな感じがします。

 

残暑と体調にはお気を付けください!

 

 

幼木も生長しました

お茶畑を見ると、カマボコ型の列が何通りもあると思いますが、最初からそのような形になっている訳ではありません。

 

茶畑の最初は、高さ30㎝にも満たない小さなお茶の苗木から始まるのです(^^)/

今年の春に植えたお茶の樹…。

大人のお茶の樹と同じ大きさになるまでには、7年ほどの時間がかかります。それまでは、幼い樹ということで「幼木(ようぼく)」と言っています。

 

ちなみに、幼木状態のお茶畑のことは「幼木園」と言います。

 

お茶の苗木を植え付けてからは、雨が少ない日が続き、葉っぱが枯れてしまったこともありました…(>_<)

 

しかし、5月になると一気に新芽が…!

完全に枯れてしまったように見えた時もありましたが、根をしっかりと張るために水分を消費する葉っぱを、一時的に枯れて落としたのです。

 

新芽が出てきた時は、黄緑色の細い列が何本も浮き上がったように見え、ホッとひと安心…(^^♪

それからは、数回に分けて肥料を上げたり、草を取りながら育ててきました!

 

そんな現在のお茶の幼木の姿がこちら…。

少し大きくなり、葉っぱの色も濃くなりました(^^)/

濃い緑色でツヤツヤとした葉っぱなので、健康に育っています!

 

遠くから見ても、1つ1つの幼木の存在感が強く感じられるようになりました。

 

 

茶畑づくり

今後の幼木の手入れとしては、秋の肥料を撒き、こまめに草取りを行い、冬を越します。

 

そして、来年も収穫は行わず、丁寧に育てていくのです(^^)/

 

収穫が出来るようになるは、3年後くらいになるでしょう…。

まだまだ小さいお茶の樹ですが、来年には樹と樹の隙間がなくなり、お茶の樹同士がくっつきます!

 

そして、上へ横へと枝を伸ばし、大人のお茶の樹と同じくらいの大きさになるのです。

 

幼木の時は、根っこが張っている範囲も狭く、とても繊細です。

過剰なストレスを受けると枯れてしまったり、生長が遅くなってしまうため、丁寧に育てることが何よりも重要となります。