日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

じわじわ膨らむ翌年の新芽

こんばんは。

月曜日の雨以降、また一段と季節が進んだように感じます。

 

少しずつ色付いてきたカエデなどに、お日さまの光が当たるときれいですね。

暦の上ではすでに冬となっていますが、秋本番の陽気を日々楽しんで行きたいと思います(^^)/

これから秋本番へと向かう川根地域ですが、茶畑では翌年の春に伸びる新茶の芽が、じわりじわりと膨らんできています!

 

 

年内に準備完了

翌年の春に伸びる新芽は、前年の年末までにある程度準備されています。

 

新芽として伸びる時に開く葉っぱの枚数などは、年内などにすでに決定されているのです。

また、しっかりと膨らんだ芽ほど、健康的で良いお茶の芽が伸びやすくなります(^^)/

 

もちろん、冬が明けてから行う春の管理作業も重要ですが、秋から冬にかけての生長も重要となるのです。

 

10月上旬頃までに秋のナラシ作業が行われましたが、気温の低下と共に新しく芽が伸びることはなくなります。

しかし、根っこの生長は盛んに行われていますし、芽もじわりじわりと膨らんでいく…。目には見えない、あるいは見えにくいけど、僅かに確かに生長が進んでいるのです!

葉っぱと枝の付け根に小さな芽がいくつも付いています。

この芽が、翌年の春に伸びる新芽(一番茶芽)となるのです(^^)/

ただし、膨らみ過ぎると冬の寒さに弱くなってしまいます…。

教科書的には10㎜以下程度で越冬させるのがベストとされています。しかし、上河内地区は冬の寒さは平地より厳しく、春先の寒さや霜の影響も考えられるため、5・6㎜程度で越冬することが多いですね。

 

初霜が降りる頃、11月下旬頃まではじわじわと芽が膨らむことになると思います。

特に今年は、平年よりも気温が高いため、しっかりと芽が膨らみ、根っこの生長も盛んに行われているでしょう!

 

そのため、土の栄養分・肥料分もしっかりと吸収した、栄養たっぷりの芽に生長してくれている事と思います。