日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

オリーブ栽培 1年育てて気付いたこと

何か新しい作物を作ることが出来ないか…?

そう考えて、家庭菜園を行っている畑の一角で、様々な作物の栽培にも挑戦しています!

 

そのうちの1つが『オリーブ』です。

実は静岡県内では、お茶の価格が低迷したことで、茶畑をオリーブ畑に変えて農業を行っている経営体があります。

 

実を収穫することが出来れば、オリーブオイルやピクルスとして。

葉っぱはお茶に加工することも出来ます。

 

そこで川根町上河内地区でも栽培できないかと思い、今年の春に苗の植え付けを行いました(^^)/

 

今回は、約1年間育てて気付いたことなどを投稿したいと思います。

 

 

約5倍ほどの大きさに生長

植え付けたオリーブの苗は、高さ15センチ程度のとても小さな物でした。

枝の数も3本ほどと、本当にこじんまりとしていた苗を植え付けました。根付くのか少し不安だったので、あまりコストをかけずに、栽培をスタートしたのです。

 

そんな、小さなオリーブの木も一夏生長し、現在では植え付け時の5倍ほどの大きさとなりました(^^)/

とりあえず、気温的には問題なく生長するようです。

冬には霜も降りますし、場合によっては土も僅かに凍ることがあります。しかし、問題はなさそうです。

 

 

病気と害虫が…

栽培を始めた時は、病気や害虫にも強いだろうと思っていました。

ただ、その考えは甘かったですね…。

 

一部の葉っぱでは茶色の斑点の病気が発生し、新芽には害虫がびっしりと付いたことも…。

葉っぱを食べられてしまった事もありますし、葉っぱ同士をくっつけて住処にするような害虫もいました。

 

一時期、新芽が伸びてもすぐ食べられてしまい、無くなってしまう事もありましたね…。

 

そのため、完全な無農薬での栽培は難しそうです。

現在は2本だけ栽培しているのですが、もし本格的に栽培するとなるとオリーブの木の密度も高まります。

 

そのため、害虫が発生・蔓延しやすい環境となると言えるでしょう。

 

また、乾燥した土地を好むため、雨や湿度の高い静岡県の山間部では、病気も発生してしまいます。

ただ、病気が発生しても、ごく一部の葉っぱに限られていたため、工夫次第では何とかなるかもしれません…(>_<)

 

環境に合わず枯れてしまう事はありませんでした。

しかし、病気や害虫の発生はあるため、工夫や対策が必要な事が分かりました!

 

 

来年も引き続き挑戦します

今年は、とりあえず大きく育てることを目標に育ててきました。

病気や害虫の影響を受けてしまいますが、しっかりと育つことは出来ます!

 

そのため来年も引き続き栽培を続け、作物として育てられるかどうか試していきたいと思います。

 

また、今年はオリーブの実を収穫することは出来なかったので、実の収穫も目指したいですね!

葉も収穫してみて、お茶に加工できるかどうか…?どのような味わいのお茶になるのかも、試していきたいと思います(^^)/