日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ミカンの葉っぱが食べられてしまった!

こんばんは。

今日の川根町上河内地区は雲が主役の空模様でしたが、しっかりと日差しがある時間帯もあり、最高気温は15℃まで上がりました!

 

現在、春の肥料まき2回目を行っているのですが、半袖+上着(ブルゾン)という服装でも汗ばむほどです。

※2回目の肥料まきについては近日中に投稿させて頂きます。

 

植物の変化としては、梅の花はほとんどの木で散り始めとなり、場所によっては水仙の花も見ることが出来ます。

気温的にも、植物の生育的にも春らしさを感じる日々が多くなってきましたね(^^)/

 

ただ、昨日そして今日は花粉症の症状がものすごく出ています…。

特に夕方ごろになるとクシャミや鼻水が止まらなくなり、ちょっとしんどくなりますね…。

 

「今年は花粉の飛散量が平年よりも少なくなる」

という事で、今年は症状が楽になるかな…と思っていたのは甘い考えでした(>_<)

 

マスク不足の中、マスクの有難みをより感じる日々となっています。

 

ミカンの葉が無くなっていた

先月、茶畑の隅の空きスペースに植え付けをしたミカンの木ですが、気が付くと葉っぱが無くなっていました!

温州ミカンの栽培に挑戦

 

初めて気が付いた時は、上半分の葉っぱが無くなり下の方にしか葉が無い状態に…。

そして翌日には葉っぱが1枚も残っていない状態になってしまいました。

 

地面には葉っぱが落ちていなかったので、乾燥や病気、植え付け時のストレスなどによりミカンの木自身が落としたわけではなさそうです…。

 

そこで、枝をよく見ると噛んだ跡のようなものが…!

多分、シカに葉っぱを食べられてしまったのでしょう。

 

シカが周辺をうろついていることは知っていました。

しかし、草もたくさん生えている状態だったので、まさかミカンの葉が食べられてしまうとは…(^^;)

 

芽があれば問題なし

葉っぱを食べられてしまったミカンの木ですが、芽が生きていれば問題はありません。

 

ミカンの木は植え付け後に乾燥に遭うと、自然と葉を落葉させることがあります!

葉を落とすことで、蒸散による水分の消費を抑えようとするのです。

 

葉っぱが無いと枯れてしまいそうな感じもしますが、葉と枝の付け根付近には小さな芽があります。

気温が暖かくなると新芽を伸ばすため、葉が落ちてしまっても芽が生きてさえいれば、大半の場合で復活できるのです(^^)/

 

今回は、シカに葉を食べられてしまう事により葉が無くなってしまいましたが、芽は被害を受けることはなく、その姿を確認できました!

 

植え付け後しっかりと根付くことが出来たなら、今後新しい芽を伸ばしてくれることでしょう(^^♪

葉を食べられてしまう被害を受けましたが、今後の生長に期待したいと思います。

 

しかし、伸びた新芽も食べられてしまうようであれば、しっかりと対策を行う必要がありますね…。

 

近年シカの食害が深刻化していますが、その影響を身をもって感じた体験となりました。