日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

春夏秋冬 すべてはこの時期のために!

農業の花形作業と言えば収穫になるでしょうか。

また、種まきや苗の植え付けなどを思い浮かべる方も多いと思います。

 

しかし、お茶の場合は種まきを行う事はほぼありません。

また植え付けも四半世紀から半世紀に1回の頻度です。

 

そして収穫は年に最低1回。

川根町上河内地区では二番茶までしか収穫・製造を行わないため、収穫できたとしても1年に2回までとなります。

 

一番茶シーズンは約10日間。

二番茶シーズンは約7日間ほどとなるため、一年のうち収穫を行っているのは僅か多くても20日ほどしかないのです。

 

残りの345日間は収穫へ向けた作業を行ったり、お茶の木が生育しているのを見守る期間となります(^^)/

一番茶シーズンは今まで積み上げてきた成果が出る時。

全ての手入れはこの時のために行ってきました\(^o^)/