日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

雲と雨続きの4月中旬

こんばんは。

4月も下旬に入り新緑が美しい季節に変わりつつありますね。

個人的に一年で最も好きな季節です(^^♪

 

そんな桜の季節から新緑の季節へと変わる4月中旬は、曇りがちな日が続き時々雨が降る事が多かったです。

今日も午前中はやや明るいくもり空。

その後夕方からは雨が降り出しました。

 

本当にくもりや雨の日が多いです。

毎日の天気を書き留めていますが、4月の14日以降一日を通して晴れた日はありません。

 

4月5日から13日までは晴れ続きだったので、極端に違う天気が続いている事になるのです。

 

雨は植物の生育に欠かせない水をもたらしてくれますが、くもりや雨の日が続いているためやや日照不足気味。寒い訳ではありませんが、気温も少し低い状態と言えるでしょう。

 

先週くらいまではかなりスムーズに育っていたお茶の芽も、育つスピードがよりゆっくりになりました(^^;)

晴れて夏日くらいまで気温が上がればグンと大きく育つと思うのですが、そのような日が無いためジワジワゆっくり育っています。

 

先週の時点では早い時期から収穫適期を迎えるのではないかと思っていましたが、この頃の天気や生育状況を観ると少し遅れ気味になってきたように思います。

 

遅れ気味になることにより生育や品質などに悪い影響が出る事はありませんが、ここまで晴れの日が続かないと青空と強い日射しが恋しくなります。

天気予報を見ても晴れのマーク1つだけの日がやって来てほしいと思うこの頃です。