日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

2022年の一番茶開始

おはようございます。

昨日25日は、朝方には濃い霧が発生したものの日中からはしっかりと晴れてくれました。

 

逆に日差しが強く気温も30℃近くまで上がったため、気温や直射日光で疲れた感がありますね(^^;)

 

そんな夏らしさを感じた昨日より川根町上河内地区でも一番茶が始まりました。

昨日は手摘みのみの収穫。

うちだけ「おおいわせ」の摘採も行いましたが、このお茶は一番最初に揉むことで機械の調節や掃除に使用します。

 

最後まで加工するのですが飲んだり販売することは無く、家庭菜園の畑に還元しますね。

今年は4月に適度に雨が降ってくれたことで昨年や一昨年よりも芽に潤いを感じます。

手触りがしっとりとしていますし蒸した葉はほのかに粘り気があるため、しっかりと栄養分が行き渡っているのでしょう。

 

香りも生葉の段階からフワッと漂ってくるため、今年も良いお茶をつくることが出来そうです(^^♪

こちらの畑は今年の一番茶後に中切り更新を予定しています。

枝が少し細くなり芽の力が弱くなってしまうと思っていましたが、意外と良い芽が育ってくれています。

 

今年は霜や冷え込みによる影響もなく、どの畑でも良い芽が育ってくれました(^^)/

 

また改植した畑でも初収穫を行う予定です。

そのため今年は全ての畑で収穫を行う初めての年になりますね。

 

まだ始まったばかりの一番茶シーズン。

シーズン始めという事もあり体が慣れない事もありますが、徐々にギアをあげ取り組んで行きたいと思います。