日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

秋の栽培管理①

今日から10月。

茶農家にとってこの頃は

お茶の収穫・製造シーズンの次に忙しい季節です。

 

どんな作業をするかというと

整枝(せいし)という樹の形を整える作業をします。

 

 

この写真のような状態の茶の樹の

芽を刈り取り、きれいに整えます。

 

整えることで、来年の新芽が一斉に伸び

芽を刈り取るときに古い葉が混入することを

防ぐことが出来ます。

 

これが整枝の大きな目的なのですが

今回は整枝の前に行う裾刈りについて

投稿したいと思います。

 

裾刈り

裾刈りはお茶の樹と樹の間の

畝間を確保するために行います。

 

一枚目の写真では葉が茂り

畝間がはっきりしていないです。

この状態だと作業がしにくいので

整枝をする前に裾刈りを行います。

 

作業後はこの様な状態に。

 

 

縦にバリカンがついた機械を使い

左右の樹から伸びた芽を刈り取ります。

 

この作業は一人で行うことができるため、父が行っています。

まっすぐ一直線になるように刈るのが大変だそうです。

 

直線ではなく、曲がってしまったりすると

その後の整枝作業にも影響が出てしまうため

とても大切な作業になります。

 

まっすぐに刈れたらとても気持ちが良いでしょうね。

まだやったことはない作業なのですが

父のように刈れるようになりたいと思います。