日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

緑茶とは…? 緑茶と煎茶の違いについて

今日は久しぶりに快晴となった一日でした。特に朝から昼にかけては、雲一つなく、澄んだ青空が広がり、雪化粧した富士山や南アルプスの山々を、見ることが出来ました(^^♪

 

実は静岡の冬は、空気が澄んで遠くまで見渡せる確率が最も高く、遠くからでもきれいな富士山を見ることが出来る季節です!

 

見るとしたら、特に明け方からお昼前までがベストな時間帯です。午後になると雲が出てくることもあるため、写真撮影などをするなら、午前中がおススメです!

(快晴の日など、天候によりますが…)

 

お茶の種類の違いとは…

ペットボトルのお茶やティーバッグのお茶のパッケージには、『緑茶』あるいは『煎茶』と表記されているものが、多いように感じます。

 

包装の裏側に記載されていることが多い、商品の情報が書かれている”表示”を見ると、名称は『煎茶』となっていますが、原材料名は『緑茶』となっている物もありました。

「煎茶」も「緑茶」も、どちらもお茶を示す言葉なのに、この違いは何なのでしょうか?

 

まず『緑茶』ですが、緑茶とは何なのか?簡単に説明すると、緑茶とは

お茶の葉をできるだけ早く、蒸す・炒るなどして、酸化酵素の働きを止めたお茶」のことです。

 

お茶の葉は樹から摘み採ると、お茶の葉がもともと持っている”酸化酵素”が働き、葉が変質していきます。

お茶では、この働きのことを『発酵(はっこう)』と言います。

 

『発酵』を”最も早く止めるのが緑茶”であり、これらのお茶のことを不発酵茶と言うこともあります。緑茶=不発酵茶です。

 

逆に”不発酵茶”に対し、酸化酵素を少し働かせたものは”半発酵茶”、最大限に働かせたものは”発酵茶”となります。

 

ちなみに”半発酵茶”の代表的な物は『烏龍茶(ウーロン茶)』で、”発酵茶”は『紅茶』の事です!

不発酵茶、半発酵茶、発酵茶…難しい言葉がならびますが、実はどれも身近に存在しているお茶です。

 

緑茶という大きなグループの中に…

酸化酵素の働きを早い段階で止めて作られる緑茶。

お茶の葉が変質しないうちに製造されるので、お茶の色も”緑色”をしています!だから『緑茶』というのです(^^)/

 

では『煎茶』とは一体何なのか…?

煎茶は、摘み採ったお茶の葉を蒸して酸化酵素の働きを止め、揉みながら乾燥させ、針のような細長い形になるように製造したお茶のことです。

 

”酸化酵素の働きを早い段階で止めたお茶”なので、不発酵茶・半発酵茶・発酵茶のどれかに当てはめるとすると、”不発酵茶”に当てはまります!

 

不発酵茶=緑茶なので、つまりは…『煎茶』は『緑茶』の一種、ということになります。

 

あくまでも『緑茶』というのは大きな分類の仕方です。その『緑茶』という大きなグループの中に『煎茶』という物がある…。

 

イメージとしては、『緑茶』というデパートの中に『煎茶』というお店が入っている、そのような感じです。

 

ちなみに『緑茶』には、煎茶以外にも様々な種類があります。煎茶は緑茶の一角にすぎません!

 

日本で生産されているお茶、その実に大半は緑茶に当てはまります。

煎茶以外にどのようなお茶があるのか。その点については、今後また投稿したいと思います