日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

4月中の茶畑の変化 パート②

昨日投稿した4月中の茶畑の変化パート②です!

パート①はこちらから

 

いよいよ明日からはお茶の収穫が始まります。

今日は最終的な準備とお茶の芽の状態をチェック。どこの畑で収穫を行うか事前に決めておきます!

 

平年であれば帰省した家族がお茶の収穫の手伝いをするのですが、新型コロナ対策として今年は自粛して頂いているため、ちょっぴり寂しいシーズンとなりそうです…。

 

しかし、今年のお茶の芽はだいぶ良い状態で育ってきています(^^)/

どこか懐かしさを感じる風味の良いお茶を作っていけるように頑張っていきます!!

 

4月上旬から下旬にかけて…

今回はパート①の時とは違う畑です。

この畑は見晴らしがより良いため、山の様子もよく分かると思います!

こちらの畑でも、4月の上旬には完全に萌芽しています。

ただ、まだ全体的に緑色が濃いですね…。

 

桜の花も咲いている時期ですし、山の木々もちょっとずつ芽が膨らみ始めた状態でしょう…。

 

約1週間後には…

だいぶ変化してきましたね(^^)/

茶畑が全体的に黄緑色っぽくなってきましたし、山の木々も芽を伸ばし始めています。

 

この頃は天気が崩れていたため、景色的にはちょっぴり暗めですが、適度な雨は植物の生育を進めます!

 

約3日経過すると…

一層黄緑色が濃くなりました。

山の木々も芽を伸ばし、新緑が眩しい季節へと変化しているタイミングです。

 

そして先週金曜日…

お茶の樹の黄緑色が一層濃くなりました!

新芽が大きくなり葉を広げているため、古い濃い緑色の葉っぱが隠れ黄緑色に見えるようになるのです。

 

明日から始まる新茶の収穫…。

収穫適期になった畑は、また雰囲気が変わってきますし、収穫を終えても様子が変わりますね…。

 

今後は日に日に茶畑が変化する日々となります。