日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の摘採

今回はお茶の摘採について投稿します。

 

お茶はチャの芽を摘み採り

加工して作るものですが

芽を摘み採ることを

「摘採(てきさい)」と言います。

 

摘採方法には大きく分けて

機械摘みと手摘みがあります。

 

今回は機械摘みのなかの一つ

可搬型摘採機について投稿します。

 

可搬型摘採機(かはんがたてきさいき)は

二人で機械を持ち、歩きながら摘採します。

 

二人で持つので、歩くスピードなど

息を合わせなければ上手に刈れません。

 

また、刃の切れ味がとても良いため

指などは簡単に切れてしまいます…。

そのため、不注意や怠慢は禁物です。

 

重さは10キロほどでしょうか。

 

 

ギザギザとした部分が刃です。

エンジンによりこの刃を左右に

高速に動かすことで刈り取ります。

 

大きなバリカンみたいなものです!

 

丸いパイプからは風が出ます。

機械の後ろに大きな袋をつけ

その中に刈り取った葉を風の力で

飛ばし入れてくのです!

 

 

作業風景はこんな感じです。

 

ちなみに右側が私。

左側を持っているのは父です。