日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ニンニクの芽

秋のお祭りが各地で開催される今日この頃

今日、20日は上河内地区でも

秋のお祭りが開催されました!

 

お祭りというと

出店や山車、お神輿などなど

たくさんの人が法被などを着て

ワイワイとやっている

というイメージが強いです。

 

しかし上河内地区で行われるお祭りは

山車やお神輿などは今は出ていません。

テレビなどで放送されるようなお祭りと比べると

だいぶひっそりとしていますが、

そこが良い所でもあります!!

 

ニンニクの芽

先日、植え付けを行ったニンニク。

植え付けからしばらく時間が過ぎ

土の中からしっかりとした芽が出てきました。

 

 

きれいな緑色をしていて

葉もペラペラと薄くなく

ある程度の厚みがあり、しっかりとしています。

 

土に埋める前に

傷んでいる物を取り除いたりしたため

植え付けた種球(たねきゅう)の

全てが芽を出しました。

これは嬉しかったです(^^♪

 

今回のニンニク栽培では

普通サイズのニンニクとジャンボニンニクという

大きいニンニクが収穫できるものを育てています。

 

植え付ける時の種球の時点で

すでに大きさが違っていたのですが

芽が出てからも違いがはっきりと出ています。

 

一枚目の写真は普通サイズのニンニクですが

ジャンボニンニクはというと…

 

 

こんな感じです!

 

葉の色が少し違い

普通のニンニクでは鮮やかな緑色なのに対し

ジャンボニンニクは白みがかっています。

葉のツヤも普通のニンニクの方がありますね!

 

一方、葉の厚みや数は

ジャンボニンニクの方が上です。

同じ日に植えたのですが、芽が出た段階でも

このような違いが表れていることに、とても驚きました。

 

まだまだ栽培は始まったばかりです。

収穫は来年の初夏から梅雨入りの頃になるので

半年以上の時間が今後、必要となります。

 

これからの生長、

そして違いがはっきりと表れてくることが

今から楽しみです。