日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

草刈りビフォーアフター

こんばんは。

今日は、雲が主役の1日となり、まるで梅雨時期のような天気と暑さでした…。

 

明日は天気が崩れる予報となっているため、明日の雨で再び涼しくなってくれると嬉しいです(^^)/

 

 

草刈りビフォー

9月中旬に行う、茶畑周りの草刈り。

斜面を守るため、昆虫や植物の多様性を守るため、草を茶畑に入れ土づくりに役立てるため…。色々な目的やメリットがありますが、急な斜面での作業になるため、安全に気を付けながら少しずつ進めています。

 

また、体力的にもかなり大変で、ここ数日は暑さも厳しいため、半日ほど作業を行い午後は休憩…というスタイルで作業を進めています。

 

危険が伴うため、集中力を切らしたり、油断をすることは禁物です。

そのため、体調管理などの自己管理が重要になります!

 

 

草刈りを行う前は、高さ1メートルを軽々と超えるほど育ったカヤ(ススキ)がびっしりと生えています。

少し鬱蒼としていて、薄暗さも感じます。

 

根元付近からバッサリと草を刈ると、この光景はガラッと変わります。

 

 

草刈りアフター

草刈りを行った後がこちら…。

草を刈ることで、ずいぶんと明るくなりました(^^)/

これで、地面付近に生えている小さな植物にも日が当たりますし、お茶の樹にとっても日当たりと風通しがよくなります。

 

草刈り前

草刈り後

今までカヤに隠れて見えなかった場所も、ハッキリと見えるようになります。

 

 

今日は雲が主役となった1日でしたが、お日さまの光が当たると、カヤは乾燥し干し草状態になります。

それまでは、刈ったこのままの状態で放置…。

 

完全に乾燥し、種が落ちたら茶畑の中に敷いたりします。

それまでは、コオロギやスズムシ、カマキリなど様々な昆虫の隠れ家として、活躍してくれることでしょう!!

 

まだセミの鳴き声も聞こえますが、草刈りをしているとコオロギの姿をたくさん見ます。

本格的な秋は、もうそこまでやって来ているのでしょう…。